神奈川県横浜市の「シーパラ」で2万株のあじさいを堪能!八景島独自の品種・八景ブルーは必見

  • 1124 |
  • 最終更新:

神奈川県・横浜にある八景島シーパラダイスは、水族館やアトラクション、ショッピングモール、ホテルなどで構成された複合型遊園地です。また、神奈川県内で最大級の規模を誇るアジサイの園としても知られています。毎年6月中旬から7月初旬頃に開催される「八景島あじさい祭」期間中には多くの観光客で賑わう人気スポットです。

http://y-sugi.at.webry.info/

最安値!横浜・八景島シーパラダイスのチケット購入はこちら!

例年、6月には「八景島あじさい祭」を開催!八景島が2万株のあじさいに染まる!

八景島シーパラダイスは横浜市に浮かぶ人工島です。約500種類・約10万点もの生き物たちが鑑賞できる日本最大級の水族館を軸に、アトラクションやショッピングモール、ホテルなどが並ぶアミューズメントパークです。

毎年アジサイの開花に合わせて行われる「八景島あじさい祭」では、八景島全体でおよそ10種類2万株のアジサイが楽しめます。人気の品種は八景島オリジナルの品種「八景ブルー」。ガクアジサイの一種で、八重咲きの花が特徴的な八景ブルーはここでしか見れない貴重な品種ですよ。

合計8ヶ所の鑑賞スポットが点在!「あじさい八景」を回ってみよう!

八景島シーパラダイスには「あじさい八景」と呼ばれている合計8ヶ所の鑑賞スポットが点在しています。次にそれぞれのスポットをご紹介しましょう。

シーサイドガーデン(西浜)

http://blogs.yahoo.co.jp/

八景島の海とあじさいがコラボした爽やかな風景が楽しめます。

あじさい坂(西浜から丘の広場まで上る坂)

http://acoucou.blog57.fc2.com/

両脇があじさいに彩られた華やかな坂道です。

シークレットガーデン(広場まで上る坂道の途中)

http://www.azma.co.jp/

あじさい坂の途中にある「シークレットガーデン」では緑の中に映えるアジサイ・ピンクアナベルが楽しめます。

ブルーパラダイス(丘の広場) 
八景島でしか見られない八景島のあじさい・八景ブルーを中心に、青を基調としたあじさい達で彩られているエリアです。

あじさいの滝(カーニバルハウスから丘の広場へ上る階段)
白いあじさい「アナベル」が流れ落ちる滝のように咲き誇るエリアです。

あじさいの花道(丘の広場からカーニバルハウスまで下る坂)

http://gobunotamasii.cocolog-nifty.com/

丘の広場に続く緩やかな坂道の両サイドにあじさいが咲き並びます。

新緑のあじさい(カーニバルハウス前花壇)
青々とした緑を背景にあじさいが咲き誇るスポットです。

シーパステル(客船ターミナル裏)

http://anglef.jugem.jp/

美しいパステルカラーのあじさいと潮風の競演が楽しめるエリアです。

お子様連れや雨の日の観賞なら、あじさいのビューポイントを走行してくれる「あじさいトレイン」もおすすめ。車窓からゆっくりとあじさいが鑑賞できます。

「八景島シーパラダイス」のあじさいの見頃

八景島あじさい祭は6月上旬から6月下旬頃にかけて開催されます。例年、見頃を迎えるのは6月中旬頃。島全体があじさいのカラフルな色に染まります。

最安値!横浜・八景島シーパラダイスのチケット購入はこちら!

「八景島シーパラダイス」へのアクセス

「八景島シーパラダイス」はシーサイドライン「八景島駅」から徒歩約10分です。シーサイドラインへの接続駅は、京浜急行線「金沢八景駅」とJR根岸線「新杉田駅」があります。

スポット詳細
スポット名:横浜・八景島シーパラダイス
所在地:神奈川県横浜市金沢区八景島
開催期間:「八景島あじさい祭」の開催は2016年6月4日(土)~6月26日(日)
営業時間:平日8:30~21:30、土日8:30~20:30 ※季節や施設によって異なる
定休日:無休
料金:入場料無料
公式サイト:http://www.seaparadise.co.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ