約6万株のあじさいが楽しめる「花野辺の里」!夕暮れにはあじさいと蛍のコラボも楽しめる

  • 1313 |
  • 最終更新:

「花野辺の里」は、千葉県勝浦市にある回遊型の自然公園です。園内には四季折々の美しい花が咲き乱れ、1年を通して多くの人が訪れる人気スポットです。またあじさいの名所としても有名で、約6万株の色鮮やかな紫陽花が鑑賞できます。さらに毎年6月~7月かけて「あじさい祭り」も開かれ、美しいあじさいを見るために多くの人が訪れるという人気スポットです。

http://rissj.blog.so-net.ne.jp/

6万株の紫陽花が咲き誇る「花野辺の里」

2005年千葉県の南房総・勝浦の里にオープンした「花野辺の里」。約3万坪の広大な敷地内には、日本水仙、梅、河津桜、水連やコスモスなど、季節折々の花や木が植えられており、四季折々の風景が鑑賞できます。さらに庭園露天風呂や七福神めぐり、1,200体の雛人形とつるし雛が圧巻の雛人形館も併せて楽しめます。

特に人気のシーズンは、あじさいがピークを迎える初夏。日本一の紫陽花園を目指している「花野辺の里」には、6万株を超えるのあじさいが植えられおり、園内をカラフルに彩ります。しっとりと雨に濡れるあじさいも情緒があって美しいですよ。
さらに赤い架け橋がかかる清流では、夕暮れには蛍が飛び交う様子も見られます。「花野辺の里」ならではの、あじさいと蛍の幻想的な雰囲気を楽しんでみてはいかがですか。紫陽花を鑑賞しながらのんびりと散策や七福神めぐりもおすすめですよ。

花を愛でながら散策した後は、桜茶屋で一息つくのもおすすめ。勝浦で獲れた海の幸を使った定食や冷やしあんや黒蜜きなこなどの甘味をいただくことができますよ。里山の景色を楽しみながらの食事は格別です。

「花野辺の里」のあじさいの見頃

http://rissj.blog.so-net.ne.jp/

「花野辺の里」のあじさいは、例年5月下旬の早咲きの黒姫紫陽花に始まり、6月~7月上旬にかけて見頃を迎えます。また6月からは「あじさい祭り」が開催され、期間中の週末には琴と横笛の生演奏が楽しめます。

「花野辺の里」へのアクセス

公共交通機関の場合:JR「勝浦駅」から車5分。または小湊バス2番でバス停「新田下車」徒歩すぐです。
自家用車の場合:「市原鶴舞IC」から約35分、または館山自動車道「市原IC」から約1時間20分です。

スポット詳細
スポット名:花野辺の里
所在地:千葉県勝浦市串浜1830
開園時間:9:30~16:30 ※入園受付30分前まで
定休日:不定休(悪天候、園内整備のため臨時休業あり)
     ※各祭り期間は無休 
     ※8月上旬~9月上旬は夏季休業
     ※12月中旬~1月上旬は冬季休業 
料金:大人(中学生以上) 650円、子供 450円
公式サイト:http://www.hananobenosato.co.jp/hananobe/index.html

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ