悲劇の皇女・和宮縁の寺「阿弥陀寺」に80種類・3000株のあじさいが咲き誇る!

  • 874 |
  • 最終更新:

箱根の玄関口箱根登山電車箱根湯本駅から徒歩で約30分のところにある「阿弥陀寺」。山の中に静かに佇むこの寺は、箱根有数のあじさいの名所として知られています。3,000株の色とりどりのあじさいが一斉に咲き誇る風情ある風景を楽しんでみては。

http://meganepark89.blog9.fc2.com/

3,000株のあじさいが咲き誇る箱根のあじさい寺

箱根外輪山の1つ・塔ノ峰中腹にある古風な佇まいの「阿弥陀寺」は、室町時代に大雄山最乗寺の僧安叟が曹洞宗の寺として創建した由緒正しいお寺です。
また箱根有数のあじさいの名所としても有名。山に沿って延びる参道に紫や青、白など様々な色のあじさいが鮮やかに咲き誇ります。その数約3000株。住職自ら山の木を切り、あじさいの苗を植え、30年あまりの歳月をかけ育て上げてきたものです。あじさいは本堂周辺や境内、桜土に散在する石仏に寄り添うようにも咲いており、格別な風情を漂わせています。静かに散策を楽しむにはぴったりです。

幕末を生きた皇女・和宮の縁の品々が鑑賞できる

また阿弥陀寺には、幕末を生き明治10年箱根の塔ノ沢の温泉で32歳で亡くなった悲劇の皇女・和宮の位牌も祀るお寺としても知られており、皇女和宮縁の像が安置されています。また写真や遺品も残されており、歴史好きの方にもおすすめのスポットです。

阿弥陀寺では毎日住職による法話と琵琶の演奏が行われており、皇女和宮の生涯をはじめ皇女和宮の夫・徳川家茂が死に際して詠んだ歌、有名な平家物語の一節などを聴くこともできます。

「阿弥陀寺」のあじさいの見頃

山アジサイやガクアジサイ、本アジサイ、西洋アジサイ、コアジサイ、ウツギなど80種類のあじさいが順に開花していき、6月下旬から7月上旬にかけて見頃を迎えます。

「阿弥陀寺」へのアクセス

箱根登山電車箱根湯本駅から徒歩で約30分です。体力に自信がある方は、塔ノ沢駅から参道を登り急な石段(男坂)にチャレンジしてみてははいかがですか。

スポット詳細
スポット名:阿弥陀寺
住所:神奈川県足柄下郡箱根町塔之沢24
拝観時間:9:00~日没まで
定休日:無休
料金:拝観無料
公式サイトURL:http://homepage2.nifty.com/amida/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ