約3万本のネモフィラが咲き誇る!緑と花と水が溢れる癒しスポット東京・相模原公園

  • 2472 |
  • 最終更新:

「相模原公園(さがみはらこうえん)」は、神奈川県相模原市南区下溝にある神奈川県立の都市公園です。600種類以上の植物が育つ「サカタのタネ グリーンハウス」や噴水広場、森の木展望台があり、年間を通してさまざまな草花が楽しめます。また、春の恒例行事・スプリングフラワーフェスティバルに合わせるようにピークを迎えるネモフィラの花が特に人気です。

http://blogs.yahoo.co.jp/

約3万本のネモフィラが咲き誇る「相模原公園」!

「相模原公園」は座間小銃射撃場跡地を中心に相模野の面影が残る樹林と桑畑を買収し、1979年4月に開園されました。1992年には「第9回全国都市緑化かながわフェア」の開催に伴い、隣接する市立相模原麻溝公園とともに全面的に再整備。花や緑の情報発信拠点として知られています。
公園の敷地面積は約23.8ha。メタセコイア並木に囲まれたフランス風庭園や、温室、花菖蒲園、雑木林などがあり、緑や花が豊かな癒しの空間となっています。

相模原公園内で特に人気なスポットは、面積約27,000㎡もの広大な芝生広場です。4月中旬過ぎには約3万本のネモフィラが咲き誇り、多くの家族連れで賑わいます。瑠璃色の小さな花が丘一面を覆うように咲く光景は圧巻ですよ。週末にピクニックを兼ねていかがですか。

今年も「スプリングフラワーフェスティバル」が開催!

毎年恒例の春の風物詩「スプリングフラワーフェスティバル」が今年も開催されます。日程は2016年4月23日(土)、24日(日)の2日間です。フリーマーケットや焼き菓子・パンの屋台、樹木相談所、花苗販売店、サボテン・多肉植物販売店などが並びます。
さらに、ミニドッグランやポニー乗馬体験、よさこい踊り、ヒップホップダンス、ツリークライミングなども楽しめます。ネモフィラ鑑賞と併せて、1日中楽しめること間違いありません。

「相模原公園」のネモフィラの見頃

例年、「相模原公園」のネモフィラは4月中旬過ぎに見頃を迎えます。今年は若干開花が早めとなっていますので、出かける前に公式サイトで開花状況を確認することをおすすめします。

「相模原公園」へのアクセス

電車・バスの場合:小田急「相模大野駅」下車後、大15系統2番のバスに乗り「相模原公園前」で下車、徒歩すぐ。
            JR相模線「原当麻駅」から大15系統、もしくは当02系統に乗車、「相模原公園入口」で下車、徒歩すぐ。

自家用車の場合:国道16号線・鵜野森または若松二丁目を西に曲がり県道52号線へ。道なりに進んで相模原公園入り口を直進し、相模原公園で東に
           曲がるとおよそ100mで駐車場入り口に到着できます。

スポット詳細
スポット名:県立相模原公園
住所:神奈川県相模原市 南区下溝3277  
開園時間:24時間開園 ※グリーンハウスは9:30~16:00
閉園日:無休 ※グリーンハウスは 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館)、祝日の翌日と年末年始が定休日
入園料:無料 ※施設により別途料金が必要
公式サイト:http://www.sagamihara.kanagawa-park.or.jp/

イベント詳細
イベント名:スプリングフラワーフェスティバル2016
開催日:2016年4月23日(土)、24日(日)
開催時間:10:00~15:00

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ