埼玉秩父のJURIN's GEOでかき氷を食べよう!パワースポットカフェ自慢の夏メニュー

  • 675 |
  • 最終更新:

埼玉県秩父市のカフェ「JURIN's GEO(ジュリンズ ジオ)」は、高さ約80mの岩壁の真下に建つ「石龍山 橋立堂」の境内にあります。コーヒーの名店として知られていますが、夏場は秩父天然水が使われたかき氷も人気です。かき氷がメニューに登場するのは毎年5月のゴールデンウィークから9月上旬まで。今回は、モダンな内装のおしゃれなJURIN's GEOのかき氷をご紹介します!

http://www.sweets-banchou.com/

素材の味をそのまま楽しむかき氷

JURIN's GEOのかき氷で最も大切な素材は秩父天然水です。氷だけでも甘みが感じられるほど味わいがあります。氷そのものの味を活かすため、添加物が含まれる市販のシロップは使われません。
450円の「楓~100% カナディアンメープル アンバー2~」は、100%のメープルシロップがたっぷりかけられた一品。ミネラル豊富な天然水の氷にメープルシロップの優しい甘味がマッチしていて、さっぱりした味わいです。

頭に「スペシャル」が付くかき氷メニューは、アイスクリームやシャーベットがプラスされたものです。フレーバーは「さくら」や「ゆず」、「野いちご」の3種類。食べていくうちにアイスクリームやシャーベットが溶けだして氷やシロップとまざり、混然一体の味わいが生まれます。

通年メニューも充実。秩父観光や札所巡りに

冬もOK!ミニかき氷×アイスコーヒーの「淡雪」

夏期限定のかき氷のほかに、ミニかき氷とアイスコーヒーのセットメニュー「淡雪」が1年中提供されています。さらに沖縄県波照間の100%さとうきびシロップが添えられているのもポイントです。おすすめの楽しみ方は、まずかき氷にさとうきびシロップをかけて食べ、後からコーヒーを注いでアイスコーヒーとして飲むというもの。また、氷とコーヒーをすぐに混ぜてコーヒーかき氷を楽しんだり、コク深いアイスコーヒーをそのままいただいたりと3つの美味しさが堪能できます。
そのほか、かき氷やコーヒーだけでなく、スキレットパンケーキ、コーヒーゼリーも絶品です。

カフェ周辺は観光地やパワースポット多数

石龍山 橋立堂には、埼玉県内で唯一の観光洞「橋立鍾乳洞」もあります。全国でもめずらしい縦穴式の鍾乳洞を探検してみませんか。また、夏はそばの花が見頃を迎える「羊山公園」や、秩父夜祭を音と映像でバーチャル体験できる「秩父まつり会館」もおすすめです。

JURIN's GEOのかき氷は、優しくて元気が出る味です。店内には境内に咲く花がさりげなく飾られています。落ち着いた雰囲気、静けさに癒される秘境カフェに足を運んでみてください。

スポット詳細
名称:JURIN's GEO(ジュリンズ ジオ)
所在地:埼玉県秩父市上影森673-1札所28番橋立堂境内
営業期間:5月のGW~9月上旬
営業時間:10:00~日の入りまで(ラストオーダー17:00)
定休日:水、金曜日
※冬期(不定休)
※夏期(7月最終土曜日~9月第1日曜日)は無休
料金:・
「楓~100% カナディアンメープル アンバー2~」450円
「スペシャル~楓 から さくら~」600円
「ゆず」450円
「スペシャル~ゆず から ゆず~」600円
「いちご」450円
「スペシャル/~いちご から 野いちご~」600円
※上記は5月のゴールデンウィークから9月上旬までの提供です。
駐車場:約15台
アクセス:秩父鉄道浦山口駅から徒歩約15分
公式サイト:http://www.localplace.jp/t100052859/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ