長野「上松屋旅館」に真田幸村のロマンに浸る戦国スタイリッシュな客室登場。おひとりさま歓迎!

  • 1043 |
  • 最終更新:

長野県上田市は、戦国時代最後の武将・真田幸村の名で知られた真田信繁ゆかりの土地です。真田幸村といえばゲームやアニメでも人気の戦国武将で、現在NHK大河ドラマ「真田丸」が放送中で何かと話題ですよね。そんな話題の都市、上田市にある上松屋旅館に、真田幸村がテーマの客室「真田戦国部屋」が、2016年3月にオープンしました。真田浪漫を感じる旅へお出かけしてみませんか。

http://prtimes.jp/

真田戦国部屋とは?

上田市には、上田城・真田神社をはじめ真田ゆかりの史跡が数多くあり、2016年1月には「信州上田真田丸大河ドラマ館」が開設され来場者は既に10万人を超えています。市内にある創業147年の上松屋旅館は、おひとり様歓迎の宿です。真田戦国部屋は、既存の一般客室2部屋を全面改装しリニューアルオープンしました。夕食はのんびりとマイペースにいただける部屋食です。これまでにも上松屋旅館は、真田幸村の甲冑を着た社長の挨拶や紙芝居、切り絵、鎧展示などのおもてなしでゲストを迎えていました。リニューアルした部屋では、より真田浪漫を感じることが出来るでしょう。

戦国スタイリッシュで和モダンな空間を満喫

http://prtimes.jp/

内装のテーマは、戦国スタイリッシュです。戦国時代の部屋を現代風にアレンジされています。室内のベースカラーは真田幸村のイメージカラー、赤とダークブラウンです。真田幸村の信仰する白山大権現の掛け軸や兜、囲炉裏風テーブル、陣の横断幕が戦国気分を盛り上げてくれます。またアメニティも赤を基調にポットやbluetoothスピーカー、加湿器、六文銭をあしらった湯飲み、金庫などが配置されています。DVDプレイヤーや真田の書籍も完備されており、1人でも楽しい時間を過ごせるでしょう。 

嬉しい特典つきのプラン

真田戦国部屋プランは、ウェルカム抹茶と別所温泉街の銘菓「真田くの一姫」付きです。さらに「信州上田真田丸大河ドラマ館」の入館チケットがプレゼントされます。嬉しいおもてなしですよね。

長野の食をたっぷり味わえる真田赤備え膳会席

http://prtimes.jp/

気になるお料理は、地産地消にこだわった地元食材や野菜を中心に地鶏・真田丸などを取り入れた真田赤備え膳会席です。信州サーモンと信州産岩魚のお造り、長野県産野菜のひき肉餡かけ、信州地鶏真田丸、信州アルプス牛のすき鍋、信州味噌など長野の食をたっぷりと味わえます。デザートは、アップルスノー・フルーツ・わらび餅の3種盛りです。朝食はお膳料理でプチブッフェも付いています。

全ての浴槽を楽しめる

お風呂は全て100%源泉掛け流しの温泉です。23時に男女の入れ替えが行われ全ての浴槽を楽しめます。

真田戦国部屋は、幸村と信繁の2部屋が用意されています。料金は1泊2食で平日は17,000円から、休前日は20,000円からです。20代から30年代の若年層に人気のこのプラン。4月中旬からは上田城で千本桜祭りや真田関係のイベントも目白押しです。日頃の疲れを癒しに1人旅に出掛けてみませんか。

イベント詳細
名称:真田戦国部屋(2部屋:幸村・信繁)
住所:長野県上田市別所温泉1628
利用人数:1名利用のみ 
料金:1泊2食 税別・入湯税別 平日17,000円~、休前日20,000円~
仕様:和室6畳+洋室 バストイレ付きベッドタイプ・禁煙
設備:セーフ・エアコン・フラットプラズマテレビ・DVDプレイヤー・真田の書籍やアメニティ等
公式サイト:https://www3.yadosys.com/reserve/ja/plan/detail/002/422/all/00119?_ga=1.241842570.943653406.1459986590