2016年夏、国立新美術館にヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たちの傑作約60点が大集合!

  • 1133 |
  • 最終更新:

「日伊国交樹立150周年特別展 アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」が、東京・六本木にある国立新美術館で2016年7月13日(水)から10月10日(月・祝)まで開催。ヴェネツィアのアカデミア美術館が所蔵する、15世紀から17世紀初頭に制作された約60点の名画が来日します。

パリス・ボルドーネ 《眠るヴィーナス》
油彩/カンヴァス ジョルジョ・フランケッティ美術館(カ・ドーロ)

「日伊国交樹立150周年特別展 アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」が開催!

日伊国交樹立150周年を祝して国立新美術館で2016年7月13日(水)から開催する本展は、アカデミア美術館が所蔵する14世紀から18世紀にかけてのヴェネツィア絵画を中心とした、約2,000点の充実したコレクションによる、日本初の展覧会です。テーマは「ルネサンス期のヴェネツィア絵画」。ルネサンス発祥の地・フィレンツェの画家たちとは対照的な、ヴェネツィアの画家たちの自由奔放な筆致による豊かな色彩表現、大胆かつ劇的な構図を堪能できます。

パオロ・ヴェロネーゼ(本名パオロ・カリアーリ) 《レパントの海戦の寓意》
油彩/カンヴァス アカデミア美術館

展覧会の見どころを紹介

本展では、アカデミア美術館の膨大なコレクションの中から、選りすぐられた作品、約60点を展示。15世紀から17世紀初頭にかけてのヴェネツィア・ルネサンス絵画の展開を一望。ジョヴァンニ・ベッリーニからクリヴェッリ、カルパッチョ、ティツィアーノ、ティントレット、ヴェロネーゼまで、後世に名を遺す巨匠たちの傑作を堪能できます。

ヴィットーレ・カルパッチョ 《聖母マリアのエリサベト訪問》
油彩/カンヴァス ジョルジョ・フランケッティ美術館(カ・ドーロ)

また、展示を5つの章に分けて構成し、ルネサンス時代の黎明期から終焉までの流れ、ヴェネツィア画派が得意とした肖像画などをわかりやすく解説。当時の作品や空気感も存分に味わえます。

特別出品はティツィアーノが晩年に手掛けた「受胎告知」!

16世紀・盛期ルネサンスのヴェネツィア画壇の第一人者として君臨したティツィアーノの晩年の傑作、サン・サルヴァドール聖堂の右側廊の祭壇を飾る大作「受胎告知」が本展のために来日。晩年特有の力強く大胆な筆さばきと、金褐色を基調とする眩惑的な色彩によって、決定的な奇跡の瞬間がよりドラマティックに描かれています。
当時の批評家から「色彩の錬金術」と評されティツィアーノの晩年を代表する作品をじっくりと鑑賞できるまたとない機会ですよ。ぜひ足を運んでみてください。

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ 《受胎告知》
油彩/カンヴァス サン・サルヴァドール聖堂

イベント詳細
イベント名:日伊国交樹立150周年特別展 アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち
会場:国立新美術館 企画展示室2E 
住所:東京都港区六本木7-22-2
会期:2016年7月13日(水)~10月10日(月・祝) 
開館時間:10:00~18:00、金曜日、8月6日(土)、13日(土)、20日(土)は20:00まで ※入場は閉館の30分前まで
閉館日:毎週火曜日休館 ※ただし、8月16日(火)は開館
観覧料:一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生 800円(前売/団体は各200円引)
     ※中学生以下および障害者手帳の所持者(付添者1名を含む)は入場無料
     ※9月17日(土)~19日(月・祝)は高校生無料観覧日(学生証の提示が必要)
     ※前売券は、2016年4月1日(金)~7月12日(火)までの販売
特設サイト:http://www.tbs.co.jp/venice2016/
国立新美術館公式サイト:http://www.nact.jp/

アンドレア・プレヴィターリ 《キリスト降誕》
油彩/カンヴァス アカデミア美術館
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ 《聖母子》、通称《アルベルティ―ニの聖母》
油彩/カンヴァス アカデミア美術館
ヤコポ・ティントレット(本名ヤコポ・ロブスティ) 《聖母被昇天》
油彩/カンヴァス アカデミア美術館
ヤコポ・バッサーノ(本名ヤコポ・ダル・ポンテ) 
《天上に顕現する聖母子と聖ヒエロニムス》
油彩/カンヴァス アカデミア美術館
パルマ・イル・ジョーヴァネ(本名ヤコポ・ネグレッティ)
《聖母子と聖ドミニクス、聖ヒュアキントゥス、聖フランチェスコ》
油彩/カンヴァス アカデミア美術館
ヤコポ・ティントレット(本名ヤコポ・ロブスティ)
《サン・マルコ財務官ヤコポ・ソランツォの肖像》
油彩/カンヴァス アカデミア美術館

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ