珍しいマテ貝も採れる!兵庫県「新舞子潮干狩場」で潮干狩りに挑戦しよう!

  • 最終更新:
イルミネーション特集2017

兵庫県たつの市にある潮干狩り場「新舞子潮干狩場」は、アサリやマテ貝などを採ることができる潮干狩場です。潮干狩りの開催期間は例年4月中旬から6月中旬まで。期間中は多くの潮干狩り客で賑わいます。2017年は4月15日(土)から6月18日(日)までの開催です。この春は、潮干狩りを楽しみにお出かけしてみませんか?

新舞子潮干狩場の魅力

新舞子潮干狩場で採れる貝は、あさりとマテ貝の2種類。アサリは潮干狩りでは定番の貝ですが、マテ貝が採れる浜はちょっとめずらしいです。マテ貝は、カニと同じくらいの大きさの穴を掘り、砂の中にもぐっています。マテ貝を狙う場合は、その穴に塩を入れてみましょう。そうすると、穴からにょきにょきとマテ貝が顔を出しますよ。よく穴を探して見てください。

潮干狩りの料金

新舞子潮干狩り場の入場料は、「潮干狩り+休憩(店舗での販売)」と「潮干狩りのみ(浜入口での販売)」の二つプランで料金が異なります。
「潮干狩り+休憩」の料金は大人1,500円、小学生1,000円、幼児(3歳以上)500円で、「潮干狩りのみ」の料金は、大人1,300円、小学生800円、幼児(3歳以上)400円になります。

新舞子潮干狩場の潮干狩り開催時期

新舞子潮干狩場では、例年4月中旬から6月上旬にかけて潮干狩りが解禁。2017年は4月15日(土)から6月18日(日)までの期間開催されます。春先の開催ではありますが、春は思ったより日差しが強いので、長袖などを着て行くと日焼けを抑えてくれて便利です。また、気づかないうちにじわじわと焼けるので、気になる方は日焼け止めも忘れずに!足元はかなり濡れることになるので、半ズボンが良いでしょう。

 

スポット詳細
名称:新舞子潮干狩場
住所:兵庫県たつの市御津町黒崎
アクセス:山陽電鉄網干駅から「大浦」行きバスに乗り「釜屋南」で下車。
開催期間:2016年は4月16日(土)~6月19日(日)
料金:大人1,500円 / 小学生1,000円 / 幼児500円
公式サイト:http://sinmaiko.jp

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ