埼玉「けやきひろば春のビール祭」が開催!国内最大級のクラフトビールの祭典!

  • 1090 |
  • 最終更新:

国内外のクラフトビールが集結する「2016けやきひろば 春のビール祭り」が、埼玉県のさいたま新都心で開催されます。日程は2016年5月11日(水)から15日(日)の5日間です。北海道から沖縄まで日本各地のブルワリーに加え、海外のビールを含む74店舗が出店します。ビールだけでなくスペアリブやバーガー、フランクフルトなどフードメニューも充実しています。ゴールデンウイーク開けの週末、ビールと料理を堪能しませんか。

けやきひろば 春のビール祭とは?

けやきひろば 春のビール祭は、今年で15回目の開催を迎えます。毎年、春と秋に開催されている国内最大級のクラフトビールイベントです。北は北海道から南は沖縄まで、全国各地のブルワリーに加え、海外のビールを含む74店舗300種類以上のクラフトビールが集結します。入場は無料です。沢山のクラフトビールを飲み比べできる「飲み比べセット」や、数量、地域限定のレアビール、地元埼玉県産の食材を試用した料理や全国各地のご当地グルメなど、ビールに相性の良いおつまみからスイーツまでたくさんのメニューが登場します。また、ビール祭りで気に入ったビールを1本から購入できる「お土産販売コーナー」も登場します。会場へのアクセスは、JR京浜東北・高崎・宇都宮線「さいたま新都心」駅で下車して徒歩スグです。あるいはJR埼京線「北与野」駅下車、徒歩約7分です。

300種類以上のバラエティ豊かなビールが楽しめる

爽やかで口あたりの良いビールから、芳醇でしっかりとコクのあるビールまでクラフトビールが多数登場します。料金は1杯300円からです。座席は600席ほど用意されています。毎回、多くの人が足を運ぶ人気のイベントです。混雑時には満席になってしまうことが予想されます。その場合に備えレジャーシートを持参しておくと安心です。ただしテントの持ち込みは禁止されています。簡易型のテーブルや椅子の持ち込みはOKです。

ビールに合うフードも豊富にラインナップ

フードメニューには、地元・埼玉の食材を使った料理をはじめ、全国各地の選りすぐりのグルメが用意されています。秋田のきりたんぽ鍋や、宇都宮の餃子、名古屋の手羽先、鳥取境港直送の港のアジフライ、宮崎の鶏の炭火焼など定番でてっぱんのグルメが充実。ビールがじゃんじゃんすすむラインナップです。

けやきひろば 春のビール祭では恒例ですが、ビール1杯の販売につき10円を東日本大震災で被災された人への義援金として寄付されます。

イベント詳細
名称:2016けやきひろば 春のビール祭
会場:さいたま新都心 けやきひろば(埼玉県さいたま市中央区新都心10番地)
開催日:2016年5月11日(水)~15日(日)
開催時間:5月11日(水) 16:00~21:00、12日(木)~14日(土) 11:00~21:00、15日(日) 11:00~20:00
公式サイト:http://www.beerkeyaki.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ