日本と台湾の絆を食で結ぶ「台湾フェスティバル」が5月28日・29日に東京の錦糸公園で開催!

  • 1801 |
  • 最終更新:

台湾のグルメが集まる「台湾フェスティバル 日台食文化交流2016」が、東京都・墨田区にある錦糸公園ふれあい広場で開催されます。開催期間は2016年5月28日(土)、29日(日)の2日間。さまざまな台湾グルメに舌鼓を打ちましょう。また、ライチの種を飛ばしてその飛距離を競う「台湾ライチ種とばし大会」も開催。ぜひ、足を運んでみてください。

http://omiyagemy.exblog.jp

「台湾フェスティバル 日台食文化交流」とは?

歴史上深いつながりがある日本と台湾は農業の分野でもお互いに学び、努力を重ねてきました。また、2011年の東日本大震災発生時に200億円以上の多額な義捐金を贈ってくれた親日の国としても有名です。そんな台湾とさらなる日台関係を深めるための「台湾フェスティバル 日台食文化交流」が、去年に引き続き今年も開催。多様性に富んだ台湾の食を通じて、台湾について知ることができる2日間です。

絶品台湾料理の数々が登場!かわいい雑貨などの販売も!

会場には、牛肉麺や台湾かき氷などの台湾の代表的な料理のほか、ライチやマンゴーなどトロピカルフルーツが登場します。都内で人気の台湾料理店も出店。また、不思議な果実「オーギョーチー」に触れられる体験コーナーもありますよ。
さらに、台湾で作られたかわいい雑貨や手芸品、伝統工芸品なども販売。展示コーナーもあり、台湾文化を楽しく深く学ぶことができます。

 「台湾ライチ種とばし大会」が開催!大会記録を狙ってみよう!

http://lychee.taiwanlover.org

昨年評判を博した「台湾ライチ種とばし大会」が今年も催されます。1人2粒のライチの種を口から飛ばし、より遠くに飛んだ種の距離で勝負する大会です。
昨年の参加総数は946人。大会記録は、男性の部が18m91cm、女性の部が13m80cm、子供の部が10m57cmでした。ぜひ、大会新記録を目指してみましょう。
また、各クラスの優勝者には、楊貴妃がわざわざ都に取り寄せて好んで食べたといわれる最高級のライチ「玉荷包(ギョッカホウ)」6キロが贈られます。準優勝者には3キロをプレゼント。加えて、総合優勝者は台湾往復航空券券が貰えますよ。参加人数は各日、先着順で500人。なお、今年は事前予約がありませんのでご注意ください。

イベント詳細
イベント名:台湾フェスティバル 日台食文化交流2016
開催場所:錦糸公園ふれあい広場
住所:東京都墨田区錦糸4−15
開催日:2016年5月28日(土)~29日(日)
開催時間:10時~19時(2日目18時まで)
公式サイト:http://lychee.taiwanlover.org/

関連イベント
イベント名:台湾ライチ種とばし大会
開催日時:2016年5月28日(土)~29日(日)
決戦時間:10:00~16:00(受付開始9:00、最終受付15:00) ※雨天決行
参加人数:先着500名/日(合計1,000名)
参加費用:500円

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ