スプラッシュ!2016年4月3日(日)山中湖で水陸両用バス「ひと月おくれのひなまつり号」

  • 250 |
  • 最終更新:

2016年4月3日(日)富士急山梨バス株式会社が運行する水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA」にて、ひと月遅れのひなまつりがおこなわれます。参加者は女性限定で、運転手やアテンダントも女性のみ。料金はKABA BUS通常料金の半額で参加できます。全員女性の「ひと月おくれのひなまつり号」にピンクの服を着て乗り込み、ひなまつりをお祝いしましょう。

男子禁制「ひと月おくれのひなまつり号」

山梨県の山中湖村では春の訪れが遅いため、毎年4月3日にひなまつりがおこなわれています。「YAMANAKAKO NO KABA」でひなまつりを祝う女性限定のイベントは2015年にもおこなわれ、大好評のうちに終了しました。2016年に開催する「ひと月おくれのひなまつり号」は内容がパワーアップ。運転手、ガイド、乗客の女性全員でピンク色の衣装を着てKABA BUSをピンク色に染めあげようという趣向です。さらにゲストとして富士急ハイランドの人気戦隊「絶叫戦隊ハイランダー」のドドンパピンクも一緒に乗車します。
ピンク一色のKABA BUSで歓声とともにザバッと山中湖に突入して、女性だけのひなまつりを楽しみましょう。

イベント前日の4月2日(土)に「森の駅 ものつくり教室」がおこなわれます。子供向け教室ではありますが誰でも参加できます。クラフトペーパーを自由に飾り付けて、自分だけのカワイイKABA BUSを作りましょう。参加費は無料で、所要時間は15分ほどです。

水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA」の魅力とは

九州の豪華クルーザートレイン「ななつ星」のデザイナーとして有名な水戸岡鋭治氏がデザインを手がけました。水と陸の両方で活動できるカバをイメージしており、湖へ入るスプラッシュのシーンはテレビで何度も放送されています。屋根も透明なルーフになっていて開放感と見晴らしは抜群です。「YAMANAKAKO NO KABA」は陸の上と湖の上両方を走り、山中湖と富士山の素晴らしい自然を堪能できる山中湖レジャーの目玉となっています。アテンダントの愉快なトークとクイズも評判で、楽しみながら山中湖周辺の自然について学べるアトラクションバスです。

 

イベント詳細
名称:ひと月おくれのひなまつり号~ドドンパピンクと一緒に、KABA BUSをピンクに染めよう~
日時 : 平成28年4月3日(日) 11:15~12:15
料金 : 半額(大人:1,100円・小人:550円・幼児:200円)
条件 : 女性限定、ピンク色の洋服を着用してくること
応募方法 :
①電話でのご応募:
富士急山梨バス本社営業所 0555-72-6877(9:00~18:00)
②メールでのご応募:kaba-bus@fujikyu.co.jp
(記入事項)代表者様のお名前、当日ご連絡のとれる電話番号、参加人数、参加者全員のご年齢
応募締切 : 平成28年4月2日(土)18:00
※お申し込み先着順となります。定員に達した時点で締め切らせて頂きます。
注意事項 : 雨天決行。ただし、気象状況等により湖への入水ができない場合があります。
3歳以下のお子様は、保護者の方の膝上でご乗車頂きます。

■「森の駅 ものつくり教室」について
~自分だけのKABA BUSを作ろう~
日 時 : 平成28年4月2日(土)
(午前の部)10:00~12:00
(午後の部)13:00~15:00
所要時間 : 15分
参加料金 : 無料

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ