鳥好きによる鳥フェス初開催!鳥をモチーフにした雑貨やスイーツが東京・東池袋のカフェに大集合

  • 2288 |
  • 最終更新:

2016年4月1日(金)から4月3日(日)までの3日間、東京都豊島区の東池袋にあるカフェスペース「Patisserie Swallowtail(パティスリー スワロウテイル)」で「袋 鳥フェス~インコとフクロウ大集合!~」。「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ」が「青い小鳥工房」、「Birdstory」と共同で手掛ける、鳥好きによる鳥好きのためのフェスです。さっそくご紹介していきましょう。

池袋 鳥フェス~インコとフクロウ大集合!~とは?

イベントを主催する、「ことりカフェ」「Birdstory」「青いことり工房」からは、鳥フェス限定のインコクッキーやケーキなど、新作スイーツと雑貨が多数登場。お得な価格で購入できるSALEコーナーも設けられます。

愛鳥家のための情報サイトを運営し、鳥をモチーフにしたデザイングッズを製作している「Birdstory」からは、ステーショナリーやトートバックのほか、鳥ラベルの紅茶も販売予定です。

また、小鳥ファンに人気の移動式インコカフェ「いんこKITCHEN」が提供するフクロウカレーやインコカレーをイートインスペースで味わうこともできます。そのほか、土日限定で話題のクリエーター集団「インコサミット」が登場。「コナクエスト」からは、ことりカフェで人気のハワイアンコナコーヒーが提供されます。ことりスイーツや、インコカレーと一緒に味わってみてはいかがでしょうか。

池袋 鳥フェス用のスイーツが特別プライスで購入できる

巣鴨のふくろう喫茶「ふくろうのおうち」からは、池袋 鳥フェスの為だけにパティシェが手作りしたオリジナルケーキが数量限定で販売されます。ずっと眺めていたくなるほどキュートなケーキです。

「ことりカフェ」とは?

インコやカナリヤ、オウム、文鳥など、楽しく暮らしている小鳥たちを眺めながら、まったりとコーヒータイムが過ごせるカフェです。

2014年2月に南青山で「ことりカフェ表参道」をオープン。続いて6月に三鷹の森ジブリ美術館の前に「ことりカフェ吉祥寺」がオープンしました。

店内は、小鳥たちを眺めながら過ごせるテーブル席や、インコを間近に観賞できる個室が用意されています。個室は最大10名まで収容可能です。表参道店は、目黒区にある野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」のほか、豊島区にあるインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」と共同でスイーツを開発しています。また、吉祥寺店も地元で人気のスイーツ店「パティシェ ジュン ホンマ」と小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同で開発し販売しています。

ことりカフェ表参道
住所:東京都港区南青山6-3-7
アクセス:表参道駅より徒歩約8分
営業時間:11:00~19:00
定休日:毎月第3月曜日 ※祝日の場合翌日

ことりカフェ吉祥寺
住所:東京都三鷹市下連雀1-14-7
アクセス:吉祥寺駅あるいは三鷹駅より徒歩約15分
営業時間:10:30~18:00
定休日:毎週火曜日

イベント詳細
名称:池袋 鳥フェス~インコとフクロウ大集合!~
開催場所:Patisserie Swallowtail(東京都豊島区東池袋3-12-5 加藤第1ビル1階)
期間日時:2016年4月1日(金) 13:00~19:00
     2016年4月2日(土) 11:00~19:00
     2016年4月3日(日) 11:00~17:00
入場料:無料
主催:ことりカフェ/Birdstory/青いことり工房
公式サイト:http://kotoricafe.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ