春から夏にかけて続々開花!兵庫県のおすすめ花畑ベスト7

    PR

  • 2502 |
  • 最終更新:

春の訪れを告げる桜の季節が終わっても、兵庫県はまだまだ花ざかり!4月のチューリップや菜の花から5月の藤、バラ、初夏のラベンダーにひまわりと、季節の花々が続々見ごろを迎えます。そんな兵庫県の花を堪能できるおすすめの花畑を、厳選して7か所ご紹介します。お出かけの参考にしてみてくださいね。

たんとうチューリップまつり

但馬に春を告げる風物詩として、例年数万人規模の来訪者を集める「たんとうチューリップまつり」。但東町畑山のチューリップ畑を舞台に、赤、白と色彩あふれる約100万本のチューリップが咲き誇ります。
県内随一の球根生産地である但東町の農業従事者による発案で、手作りで始まったイベントが人気を呼び、20年以上に及び、回を重ねるごとにその規模を拡大してきました。
一番のみどころは、約10万本のチューリップで描くフラワーアート。毎年趣向を凝らしたデザインが、色とりどりのチューリップによって描き出される様は、見るものの感動を呼びます。但東町のチューリップの見ごろは4月中旬から下旬。チューリップあふれる町・但東町をぜひ訪れてみてください。

■スポット詳細
名称:たんとうチューリップまつり
住所:兵庫県豊岡市但東町畠山 たんとう花公園
料金:高校生以上700円、中学生以下無料
アクセス:JR「豊岡」駅より全但バス約30分「出石」乗換、奥藤行き約30分「畑山」下車徒歩約10分
舞鶴若狭自動車道「福知山」ICより約40分

白井大町藤公園

兵庫県北部、京都府との県境に位置する「白井大町藤公園」は、地域住民のボランティアの手で近くの山から採取された藤の苗木を、大切に育てあげた藤棚で知られる公園です。
総延長500メートル、幅4メートルの藤棚は、山陰随一の規模を誇ります。ボランティアによって築かれた水車や水車小屋を背景に、毎年5月には紫、白、ピンク色の美しい藤が咲き誇り、素朴な風景が訪れる人々の心を癒します。最長で1メートル45センチにもなるという藤の花房が谷間を渡る風に揺れる藤波は、思わず息を飲む美しさです。
公園の北側には大きな灌漑用水池もあり、水面に映る鯉のぼりの鮮やかな色彩が、初夏の雄大な景色を彩ります。藤の花が開花する5月上旬から下旬にかけては、例年「藤まつり」が開催され、多くの来訪客を迎えています。

■スポット詳細
名称:白井大町藤公園
住所:兵庫県朝来市和田山町白井1008
料金:中学生以上500円、小学生以下無料
アクセス:JR「和田山」駅よりタクシー約20分
播但連絡道路「和田山」ICより約20分

ラベンダーパーク多可

兵庫県の中央部に位置する多可郡多可町にある「ラベンダーパーク多可」は、西日本最大級を誇るラベンダーパークです。爽やかな風が吹き抜けるなだらかな丘陵地に、約5ヘクタール、約2万株のラベンダー園が展開され、毎年5月下旬から7月中旬にかけてのラベンダーの開花期には紫の風が香る丘として多くの人で賑わいます。眼下には棚田の原風景が広がり、東播磨の最高峰千ヶ峰や、大井戸山の雄大な姿も見渡せる絶好のロケーションで、ラベンダー鑑賞と森林浴を楽しむことができます。
パーク内にはドライフラワーを使ったアレンジメント作りやラベンダー精油でのアロマクラフトなどの体験コーナーもあり、ハーブグッズを購入することも可能。毎年恒例となっている「ラベンダーフェスタ」では、野外ステージでのライブやラベンダー摘み取り、アロマ体験などのイベントが好評を博しています。「ラベンダーフェスタ 2016」は7月3日(日)に開催の予定です。

■スポット詳細
名称:ラベンダーパーク多可
住所:兵庫県多可郡多可町加美区轟799-127
料金:500円(見頃5月中旬~7月中旬以外は無料)
アクセス:JR「西脇市」駅より神姫バス約1時間「轟」下車、徒歩約15分
舞鶴若狭自動車道春日ICより約25分

南光ひまわり畑

兵庫県佐用郡佐用町の「南光スポーツ公園」を中心に開催される「佐用町南光ひまわり祭り」。ひまわりの町佐用町南光地区の6地区では、時期をずらしながら計画的にひまわりの栽培が行われており、7月上旬から8月上旬にかけて、総面積23ヘクタールの畑で合計120万本ものひまわりを楽しむことができます。
来場者には数量限定でひまわりの種子袋が配られるほか、ひまわり油などの特産品、農産品の販売もあり、お土産としても人気を集めています。林崎、東徳久以外にも宝蔵寺、漆野、西下野の各エリアでもひまわりを見ることができ、訪問時期によって最寄駅や高速道路のICが異なるので、訪問前には特設サイトで最新情報をチェックするのがおすすめです。

■スポット詳細
名称:南光ひまわり畑
住所:兵庫県佐用郡佐用町林崎839 南光スポーツ公園周辺
料金:200円
アクセス:JR「播磨徳久」駅より無料シャトルバス約5分(7/16~31の土・日・祝のみ)
中国自動車道「佐用」ICより約15分

兵庫県立フラワーセンター

季節により4,500種もの花と緑が訪問者を迎える「兵庫県立フラワーセンター」は、兵庫県屈指の花のスポットです。春の恒例イベントとなっている「チューリップまつり」では、500品種、22万本ものチューリップが色とりどりの競演を果たします。
2016年は3月19日(土)から5月31日(火)の期間で開催される「チューリップまつり」では、センター職員手作りのオランダ衣装試着体験会や、兵庫県出身アーティストによるスプリングコンサートが予定されています。また、4月下旬から5月上旬にかけては、園内各所に100匹を超える鯉のぼりが出現。晴れ渡る春の大空を悠々と泳ぐ姿も楽しめます。「兵庫県立フラワーセンター」には、四季を通じて花と緑がいっぱい。大温室のベゴニアやストレプトカーバス、食虫植物では国内有数のハイレベルなコレクションも、見逃せません。

■スポット詳細
名称:兵庫県立フラワーセンター
住所:兵庫県加西市豊倉町飯森1282-1
料金:大人510円、高校生250円、中学生以下無料
アクセス:JR「粟生」駅より北条鉄道約22分「北条町」駅下車、タクシー約10分
中国自動車道「加西」ICより約10分

荒牧バラ公園

「荒牧バラ公園」は、南欧風デザインのテラス式庭園に、約250種1万本のバラを栽培している公園です。レンガ積みの列柱や白を基調とする南欧風建築を背景に、色とりどりのバラの美しさが引き立つ構造となっています。緑の芝生広場を取り囲むように階段状に植栽されたバラを鑑賞しながら、立体迷路状の通路を回遊することができます。
世界に名高い「天津乙女」や「マダム・ヴィオレ」など、伊丹市生まれの品種のバラも多数展示。1.7ヘクタールのスタイリッシュな園内は、5月中旬から6月中旬と、10月中旬から11月下旬の年2回色とりどりのバラで埋め尽くされます。伊丹市と国際姉妹都市の関係にあるベルギーのハッセルト市をイメージしたコーナーもあり、「アンネフランクの思い出」、「パスカリ」なども植えられています。

■スポット詳細
名称:荒牧バラ公園
住所:兵庫県伊丹市荒牧6-5
アクセス:JR「中山寺」駅から徒歩約20分
中国自動車道「宝塚」ICより約10分

あわじ花さじき

兵庫県淡路市にある「あわじ花さじき」は、近畿地方屈指の花公園。淡路島北側の丘陵地域頂上部に広がる甲子園球場4つ分以上の広大な敷地に、季節の花々が多数植えられています。明石海峡や大阪湾を背景に、四季折々の花が咲き誇るさまは圧巻のひとこと。特に春は、菜の花の黄色いじゅうたんが鮮やかです。菜の花の見ごろは4月中旬から下旬にかけてですが、3月上旬から開花する早咲きの品種や、遅咲きの品種まで幅広く栽培されていて、長い期間にわたって一面の菜の花畑を鑑賞することができます。
毎年恒例の「菜の花まつり」は、2016年3月19日(土)から4月24日(日)の開催。100万本の菜の花とリナリア、ムラサキハナナのじゅうたんが来訪者を迎えるほか、アースワークコンテスト最優秀賞のデザインをモチーフにした牧草アートも人々の目を楽しませます。

■スポット詳細
名称:あわじ花さじき
住所:兵庫県淡路市楠本2865-4
料金:無料
アクセス:JR「新神戸」駅より高速バス約58分「東浦バスターミナル」下車、タクシー約10分
神戸淡路鳴門自動車道「淡路」ICより約15分

 

春から夏にかけての兵庫県には、魅力溢れる花畑と、そこを舞台に繰り広げられる楽しいイベントが盛りだくさんです。美しい花のある風景は、慌ただしい日常生活に疲れた心を解放してくれます。心も体も癒されたいなら、ぜひ春夏の兵庫を訪れてみてください!

その他のスポットもサイトでチェック!

ここで紹介した以外にも、まだまだ魅力的なスポットを紹介しています。情報サイト「あいたい兵庫」をチェックしてみてください!
あいたい兵庫:http://www.hyogo-tourism.jp/aitai-taikan/

提供:兵庫県

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ