開放的な空間が広がる「代々木公園」で青空の下、満開の桜を楽しもう!

  • 804 |
  • 最終更新:

東京都渋谷区にある「代々木公園」は、渋谷、原宿からも近く多くの人の憩いの場となっている公園です。公園の真ん中に広がる中央広場や、野鳥観察ができるバードサンクチュアリなど、豊かな自然で溢れています。また、春にはソメイヨシノ、ヤマザクラ、オオシマザクラなど、様々な種類の桜が開花します。

http://10f-hshm.blog.so-net.ne.jp/

開放感あふれる空間でゆったりと桜が楽しめる!

「代々木公園」は、1964年開催の東京オリンピックで代々木選手村として使用され、その後1967年に「代々木公園」として一般開放されました。総面積は東京ドーム11個分。23区内の都立公園の中で5番目の広さを誇ります。陸上競技場、野外ステージなどもあり、年間を通じ多くの人が訪れます。また、ここは隣接する明治神宮の木々と共に、緑濃い森を形成する緑の公園としても有名。春には、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、オオシマザクラ、ウワミズザクラ、サトザクラ、カワヅザクラなど、730本の桜が順に開花し、4月下旬まで花見を楽しむことができます。

中央広場
公園中心部にある中央広場は、特に人気のある花見スポットです。広場は一面が芝生の開放的な空間になっており、大きな青空とまぶしい太陽を感じながら、満開のソメイヨシノを楽しめます。

桜の園
渋谷門近くにある桜の園では、桜の枝が重なり合い、満開時には迫力ある風景が楽しめます。

フラワーランド
代々木公園の中央広場北側にあるフラワーランドは、四季折々に咲く花々やハーブなどが楽しめる空間です。桜と一緒に他の草花も鑑賞できます。

また、園内にはサイクリングセンターがあります。大人用・子供用に加え、カップルや親子で一緒に乗れる2人用自転車・タンデムなども揃っています。満開の桜の中、サイクリングを楽しむのもオススメ。

「代々木公園」の桜の見頃

「代々木公園」では、3月初旬頃になるとカワズザクラが開花、3月下旬頃~4月初旬にかけてソメイヨシノ、オオシマザクラが見頃を迎えます。その後各種ヤエザクラが4月下旬頃に美しい花を咲かせます。

「代々木公園」へのアクセス

花見シーズンは「代々木公園」周辺の混雑が予想されるので、公共交通機関の利用をおすすめします。JR原宿駅から徒歩約3分、東京メトロ千代田線代々木公園駅から徒歩約3分、または
東京メトロ千代田線・副都心線明治神宮前駅から徒歩約3分となります。

スポット詳細
スポット名:代々木公園
住所:渋谷区代々木神園町、神南2丁目
開園時間:常時開園
定休日:無休
入園料:無料 ※一部有料施設あり
URL:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index039.html

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ