世界初!?建設現場で「プロジェクションマッピング」東京から約90分の福島県白河市で開催!

  • 1123 |
  • 最終更新:

JR白河駅より徒歩約3分の白河文化交流館「コミネス」で2016年4月15日(金)と16日(土)の2日間、「福島プロジェクションマッピング2016 はるか~白河 花がかり~」が開催されます。世界的にもめずらしい建設中の建物へのプロジェクションマッピングです。東京駅から東北新幹線を利用すれば90分ほどで行けます。イベントの内容について、ここでご紹介します。

http://prtimes.jp/

fukushimaさくらプロジェクトとは?

fukushimaさくらプロジェクトは、東日本大震災からの復興を願い福島や東北、さらに全国を応援するプロジェクトです。復興のシンボルとして寄贈された新種の八重桜「はるか」の苗木を福島県内で育て、全国への植樹活動を行い桜に込めたメッセージを全国に広めています。またイベント等を通して復興の風化防止に努めています。

福島プロジェクションマッピングを観賞するには?

福島プロジェクションマッピングは、会津若松市の鶴ヶ城にて3年連続で開催されてきたイベントです。今年は場所を白河市に移して開催されます。会場では桜をテーマに、新たに建築中の「コミネス」の巨大な壁を舞台に生命感に満ちたメッセージが発信されます。
観賞は無料で事前予約が必要ですので、公式サイトの予約申込みフォームから希望日時、時間を選択して手続きを行いましょう。入場時は予約完了時に表示される入場整理券をプリントアウトし、受付でスタッフに渡します。入場整理券がないと入場出来ない場合があるのでご注意ください。代表者1名につき合計で5名までの予約が可能です。ただし、小学校入学前のお子さんは人数に含まれません。
予約は先着順で、定員は2日間とも各2,000名です。観賞を希望する人は早めに予約をいれましょう。

福島プロジェクションマッピングの気になる内容は?

第1部「新生相馬盆唄」
福島県に代々伝わる民謡「相馬盆唄」がスタイリッシュな「はるか」バージョンで登場します。新しく生まれ変わった盆唄を楽しみましょう。

第2部「大信こだま太鼓」
白河名物の奥州白河太鼓が披露されます。一糸乱れぬ迫力あるパフォーマンスが目の前で繰り広げられます。

第3部「プロジェクションマッピング 白河 花かがり」
福島の復興を祈って描く桜の物語です。プロジェクションマッピングによって白河の夜空に明かりが灯ります。

アーティストをご紹介

美術・紫舟(書家/アーティスト)


文字が持つ表現や感情を書で引き出し、書を伝統から解放し「書イコール平面」の常識を超えた立体的な書の彫刻は唯一無二です。NHK大河ドラマ「龍馬伝」の題字では、第5回手島右卿賞とG1サミット新世代リーダーアワードを受賞しました。作品は世界でも高評価を得て2015年には、ミラノ国際博覧会 日本館エントランス空間でアートを担当。作品は展示デザイン賞金賞を受賞しました。ルーブル美術館 Carrousel Du Louvreで開かれた2014 年フランス国民美術協会展では最高位金賞を受賞しました。翌年の同展では、日本人現存作家初の快挙、横山大観氏に続く主賓招待作家としてエントランスホール200平方メートルを飾り世界へ日本の文化を発信しています。現在担当しているのはNHK BSプレミアム・Eテレ美術番組「美の壺」の題字です。

音楽・大友良英


活動範囲は世界中に及ぶ大友良英氏。1959年に横浜市で生まれ10代を福島市で過ごしました。常に複数のバンドを率いながら、多くのグループやプロジェトに参加し、多種多様な作品を生み出しています。また、映画音楽作家としてNHK連続テレビ小説「あまちゃん」をはじめ、テレビドラマ、日本映画、中国映画など数多くの映像作品に携わり高い評価を得ています。震災後は福島で「プロジェクトFUKUSHIMA!」を立ち上げ様々なイベントを行っています。第55回日本レコード大賞では作曲賞、芸術選奨文部科学大臣賞を受賞しました。2017年の札幌国際芸術祭の芸術監督就任など、音楽活動だけにおさまらず注目を集めています。

音楽・Sachiko M


音楽担当のSachiko M(サチコ エム)氏は世界的に活躍する即興音楽家・作曲家です。テスト用の信号音を使用した電子楽器を演奏しています。2003年アルスエレクトロニカ・ゴールデンニカ賞受賞し、サウンドインスタレーション作品を発表しました。写真集出版など活動は多岐にわたります。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」劇中歌の作曲にも参加し、大友良英と共に手がけた「潮騒のメモリー」で第55回日本レコード大賞の作曲賞を受賞。2014年国際交流基金「Asia Center,ENSEMBLES ASIA」プロジェクトで、Asian Sounds Researchプロジェクトディレクターに就任しました。

アニメーション・橋本大佑


映像クリエイティブカンパニー「P.I.C.S.management」に所属する映像作家・アニメーション作家の橋本大佑氏は郡山市出身です。グラフィックやイラストレーション、アニメーション、ディレクションまでトータルで担当しています。CM・Music Video・On Air Promotion等の企画や演出、CGアニメーションを主に活動中です。文化庁メディア芸術祭、スカパー!アワード2011 station-ID賞など受賞歴も多数あります。

クリエイティブ ディレクター・山田崇臣(NHKエンタープライズ)


アートディレクター・デザイナー・プロデューサーの山田崇臣氏は、日本大学芸術学部出身です。卒業後にNHKへ入局し連続テレビ小説「おひさま」や、大河ドラマ「八重の桜」、第58回NHK紅白歌合戦、SONGSなどのステージセット、CGデザインを中心にテレビ美術に携わっています。2014年にNHKエンタープライズに出向し、現在はイベントや映像事業の企画開発担当です。伊藤熹朔賞や映像技術賞などの受賞歴があります。

制作統括・菅山明美(NHKエンタープライズ)


制作統括の菅山明美氏はプロジェクト・デザイナー、テレビディレクター、プロデューサーとして番組の企画や制作に携わっている一方、企画の範囲を映像やイベントにまで広げ、プロジェクションマッピングなどのメガ映像を活かした地域活性事業を手がけています。2004年に児童文化福祉賞奨励賞、2009年は環境省政策提言準優秀賞、2013年には科学技術映像祭優秀賞、グッドデザイン賞、2015年はVFX-JAPANアワード優秀賞など複数の受賞歴を誇ります。

イベント詳細
名称:福島プロジェクションマッピング
会場:白河文化交流館「コミネス」(現在建設中)
所在地:福島県白河市会津町1-17
開催日時:2016年4月15日(金)・16日(土)
     18:20~18:40/19:00~19:00/19:40~20:00/20:20~20:00
     ※完全予約制
料金:無料
公式サイト:http://www.fukushimasakura.jp/2016/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ