東京・日本橋で「ニホンバシ桜バル」開催!人気の街バルがパワーアップして今年も登場!

  • 1318 |
  • 最終更新:

2016年3月18日(金)からはじまる「日本橋桜フェスティバル」のイベントとして、4月4日(月)から4月10日(日)まで、東京日本橋地区で「ニホンバシ桜バル2016」が開催されます。2015年大人気だった日本橋での街バルがさらにパワーアップ。日本橋の食や文化を気軽に楽しめるイベントです。

ニホンバシ桜バル2016で、老舗の味を気軽に満喫

2016年4月4日(月)から4月10日(日)の間、コレド日本橋や日本橋エリアの名店、百貨店の食事や買い物がお得に楽しめます。前回の55店舗から東京駅・八重洲エリアに範囲を広げて約80店舗がイベントに参加します。

イベントの参加方法は?

ニホンバシ桜バル2016に参加するには、チケットの購入が必要です。
チケットは3枚つづりで、1枚ずつでレストランの食事やショップの限定商品と交換できます。前売りで購入すると当日券より400円もお得です。まだ参加店舗の詳細は公開されていませんが、日本橋には味も品物も一流の店がそろっています。お得に気になっていたお店の商品をゲットしちゃいましょう。もしチケットがあまっても、2016年4月11日(月)から5月8日(日)まで参加店舗で1,000円の金券として利用できます。

2016年3月18日(金)スタート「日本橋桜フェスティバル」

お江戸日本橋でお花見

日本橋には江戸桜通り日本銀行方面、浜町公園など、昔から江戸っ子を楽しませてきた桜の名所があります。一方、江戸桜通りコレド室町方面は2年ほど前に桜の植樹がされました。新旧合わせての日本橋の桜を楽しみましょう。3回目となる今回、はじめて取り入れられる桜人力車や桜バスを使えばラクラク桜名所めぐりが楽しめます。

桜を楽しむためのイベントがいっぱい!

コレド室町の仲通りが「日本桜風街道」として、幻想的な桜色に包まれます。桜色の短冊と桜の提灯で街道を満開の桜を表現する体感型インスタレーションです。Instagramで写真をシェアするとプリントアウトができる専用デバイスも用意されますので、どんどん写真をアップしましょう。

2016年3月26日(土)、27日(日)の2日間、福徳神社周辺でおこなわれる「ニホンバシ桜屋台」でも日本橋の老舗や名店の味を気軽に楽しめます。「日本橋桜フェスティバル」「ニホンバシ桜バル2016」はイベントがもりだくさんです。チケットの購入もあわせて、公式ホームページは要チェックです。

 

イベント詳細
名称:ニホンバシ 桜バル2016
開催日程:2016年4月4日(月)~4月10日(日)
     平日 17:00~20:30/土曜・日曜 12:00~20:30(但し、参加店舗により異なる)
開催エリア:コレド室町1・2・3、日本橋三井タワー、コレド日本橋、
      東京駅八重洲北口2階(北町ダイニング)、近隣エリア
参加店舗数:約80店舗
チケット価格:前売チケット 2,900円
WEBチケット(当日) 3,100円、当日チケット 3,300円
  ※いずれも税込。チケットは3枚つづりのクーポン券です
チケット購入窓口:公式サイト(街バルジャパン)、日本橋案内所(3/18~)、参加店舗(一部)等
受付場所:コレド室町1(1階エントランス)
受付時間:平日 17:00~20:30/土曜・日曜 12:00~20:30
  ※受付は開催期間中のみ設けます
公式サイト:http://machi-bar.jp/sakura-bar/
日本橋桜フェスティバル:http://www.nihonbashi-tokyo.jp/sakura2016/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ