福島県で謎を解け!参加無料の体験型ゲーム『リアル宝探しイベントin 福島「コードF-6」

  • 1429 |
  • 最終更新:

2016年3月18日(金)から10月30日(日)まで、福島県全域において、『リアル宝探しイベントin 福島「コードF-6」~福島に現れし幻の種伝説~』が開催されます。宝物を求めて福島県を練り歩く、体験型の宝探しゲームイベントをご紹介していきます。

「コードF」とは?

「コードF」は、東日本大震災が日本を襲った2011年に、福島の復興を願って初めて開催されたイベントです。福島県の主要観光地や高速道路のサービスエリアで配布される参加チラシに記載された宝の地図を頼りに、福島県内に隠されている宝物を見つけ出すという体験型の宝探しゲームです。


参加者は、日本の宝物を調査する特殊機関である「レッドカウ」の一員となり、福島県で発見された解読不能な暗号「コードF」に挑みます。
参加費は無料というのがポイントで、気軽に参加することができますよ。親子連れや友人同士での参加も楽しそうですね。
ちなみに、「コード」は宝探しの「暗号」を意味し、「F」は、福島・復興・祭り(FESTIVAL)、楽しみ(FUN)・福島の食(FOOD)の頭文字からとられています。

これまでの人気ぶり

2011年の開催では、約1万2千の参加者が福島に集いました。その好評ぶりを受けて、翌年に第二弾を開催。倍以上の約4万人が参加し、大盛況。そして、2015年に開催された第五弾では、なんと約26万6千人の参加がありました。イベントを開催するごとに宝探しのエリアを拡大し、累計の参加者は約48万人にも及びます。

2016年はさらにパワーアップ!

2016年の「コードF」は、「コードF-6」という通称になり、昨年よりもさらにパワーアップ。過去最大規模となる35のエリアで宝探しを開催します。
各エリアで宝箱を発見することができた方には、エリアオリジナルのノベルティがプレゼントされるほか、福島県の旅館宿泊券や福島県産のお土産、さらにゲーム機などの豪華景品が1,007名に抽選で当たります。
2016年は開催期間も長いため、長期連休に参加することも可能です。この機会に、ぜひ福島に足を運んでみてはいかがでしょうか。

イベント詳細

イベント名:リアル宝探しイベントin福島 コードF-6 ~福島に現れし幻の種伝説~
場所:福島県内35エリア
開催期間:2016年3月18日(金)~10月30日(日) ※一部エリアのみ4月22日(金)から開始
参加費 :無料
公式URL:http://www.takarush.jp/promo/fukushima6/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ