世田谷区の桜の名所「砧公園」ソメイヨシノの巨木が連なるダイナミックな風景を楽しめる!

  • 3727 |
  • 最終更新:

東京都世田谷区に位置する「砧公園(きぬたこうえん)」には、芝生の広場と樹林で構成されるファミリーパーク区域と、野球場やミニサッカー場がある運動施設区域があります。地元民を中心に、多くの人に利用されている公園です。また、園内には世田谷美術館があることでも知られています。

http://blog.livedoor.jp/

ソメイヨシノの巨木が織りなすダイナミックな風景を楽しめる!

「砧公園」は、紀元2600年記念事業として、都市計画決定された大緑地です。戦時中は防空緑地、戦後は都営ゴルフ場として使用されました。その後、1966年5月5日に、緑地の一部をファミリーパークとして開園。家族ぐるみで楽しめる公園をコンセプトに、自然の地形を活かした公園になりました。

総面積約39万平方メートルと広大な敷地を所有する「砧公園」。春には、ソメイヨシノをはじめ、ヤマザクラ、オオシマザクラなど約1,000本の桜が園内のいたる所で咲き誇ります。周辺の自治体にある小学校、幼稚園から多くの児童が遠足で訪れます。特におすすめなのは、ファミリーパーク内の谷戸川沿いです。幹周3mを超えるソメイヨシノの巨木が連なり、ダイナミックな風景を楽しむことができます。枝が地際まで伸びているので、目の高さで桜を鑑賞できるのが嬉しいポイント。また、ファミリーパークには芝生があり傾斜も緩やかなので、シートを広げてゆったり花見を楽しむことができます。お弁当を広げて、のんびりとした休日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

「砧公園」の桜の見頃

「砧公園」にある主な桜の種類はソメイヨシノ、オオシマザクラ、シダレザクラ、タイハク、カンザン、フゲンゾウです。3月下旬から徐々に開花し、4月上旬に見頃を迎えます。

「砧公園」へのアクセス

「砧公園」には、24時間営業の有料駐車場がありますが、桜の開花時期の駐車場は大混雑するので電車での来園をおすすめします。
東急田園都市線「用賀駅」から徒歩約20分。または東急コーチバスに乗り「美術館」下車後すぐとなります。

スポット詳細
スポット名:砧公園(きぬたこうえん)
住所:世田谷区砧公園・大蔵1丁目
開園時間:常時開園
定休日:無休 ※サービスセンター及び各施設は年末年始は休業
入園料:無料 ※一部有料施設あり
URL:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index004.html

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ