ご当地アイスクリームグランプリ&ご当地おつまみグランプリが、千葉・幕張メッセで同時開催!

  • 1472 |
  • 最終更新:

食のプロたちが審査するご当地フードグランプリ「ご当地アイスクリームグランプリ」と「ご当地おつまみグランプリ」が、2016年3月8日(火)から11日(金)までの4日間、幕張メッセで同時開催されます。全国各地で販売されているアイスクリームや、おつまみの中から魅力ある商品を決める画期的なイベントです。

https://www.atpress.ne.jp/

ご当地フードグランプリで新しいグルメに出会おう!

ご当地グルメブームの中、新たなご当地フードを発掘するご当地フードグランプリ。「ご当地アイスクリームグランプリ」は4年ぶり2回目の開催で、「ご当地おつまみグランプリ」は初開催です。北海道から沖縄まで全国からアイスクリームは61種類、おつまみは39種類、2部門で総勢100商品がエントリーしています。
コンテストはアジア最大級の「食」の展示会「FOODEX JAPAN」内において、2012年から毎回テーマカテゴリーを変えて開催されています。審査員は毎日300名、合計で1,200名です。

https://www.atpress.ne.jp/

グランプリの審査方法は?

審査方法は出品された商品の中から審査員が食べたい商品を2品選定し、同時に1品を抽選で決定します。3品の見た目、4つの項目による味の審査を数値で記入し総合得点で結果が発表されます。賞の種類は、最高金賞・金賞・銀賞・銅賞です。結果発表は2016年3月15日(火)にホームページ上で行われます。バイヤーに選ばれた商品の数々、アイスもおつまみも食べてみたいですよね。

アイスクリーム部門でエントリーしているのは?

青森からは黒飴あいすくりーむ、秋田名物のババヘラ・アイス、千葉の落花生ミルクアイス、和歌山の南高梅、大手製菓会社のブルボンが本社を置く新潟県からは、贅沢最中ブルボンバニラなど、ご当地色豊かな商品ばかりです。

https://www.atpress.ne.jp/

おつまみ部門でエントリーしているのは?

北海道からはユニークなネーミングの「ペッパー鮭舞(けいぶ)」、岩手は「三陸産 真いか冷麺」、宮城は「牛タンの生ハム」、栃木は「大田原牛のポテトチップステーキ」、岐阜は「奥美濃古池鶏 砂肝燻製」、島根は「サザエのチャンジャ」など、名前を聞いただけでアルコールが恋しくなるメニューばかりです。商品をチェックしてお取り寄せし、ウチ飲みを楽しんでみてはいかがでしょうか。

https://www.atpress.ne.jp/

イベント詳細
名称:ご当地フードグランプリ
「ご当地アイスクリームグランプリ」
「ご当地おつまみグランプリ」
場所:幕張メッセ
所在地:千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
会場:FOODEX JAPAN 2016 内
開催期間:2016年3月8日(火)~11日(金) 4日間
事務局:株式会社ご当地グルメ研究会
協力:一般社団法人日本能率協会
公式サイト:http://j-gourmet.jp/gp.html

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ