神戸市北区・有馬温泉街で桜の名所をライトアップ!「太閤花灯路」4月1日よりスタート!

  • 1346 |
  • 最終更新:

兵庫県神戸市にある「有馬温泉 太閤の湯」の正面に広がる「太閤四季彩園」で2016年4月1日(金)から11日(月)までの期間、ライトアップイベント「太閤花灯路(たいこうはなとうろ)」が開催されます。期間中は「太閤の湯」や、隣にある「有馬ビューホテル」の利用者以外の人も敷地内を無料で通り抜け出来ます。日中、青空に映える桜も見事ですが、ライトアップされた桜は幻想的でステキです。桜と温泉、欲張って両方楽しむのもいいですね。

日中の甘く優しい姿とは異なる夜の美しい桜

有馬は神戸市の北部に位置しています。気温が市街より2度ほど低く、市街地に比べると桜の見頃が少し遅めです。有馬の桜名所と言えば樹齢200年を超える「善福寺」のイトザクラや「親水公園」の桜並木が有名ですが、ソメイヨシノや枝垂れ桜のライトアップは善福寺や親水公園とは異なり風情があります。
ライトアップ期間中は、ソメイヨシノや枝垂れ桜など約150本の桜が30基の大型照明でライトアップされます。「太閤の湯」正面から観賞するだけでなく、ぜひ数十メートルほどの通り抜け出来る小道を歩いてみてください。敷地内いっぱいに咲き誇る桜はため息をついてしまうほどの美しさです。
途中にはベンチもあるので、座りながらライトアップの中で桜観賞するのもオススメです。また「ねねハーブの小径」では、LEDライトで夜空の星をイメージした演出が楽しめます。

「有馬温泉 太閤の湯」は、有馬温泉街で最大のテーマパーク

有馬温泉は豊臣秀吉が愛した温泉街です。それにちなんだ名を持つ「太閤の湯」は、着替えやタオルが完備されており手ぶらで出かけて温泉に入れます。2014年2月に全面改装された「太閤の湯」。安土桃山時代を彷彿させるエントランスと渡り廊下が来場者を出迎えてくれます。館内は日本一の温泉成分濃度を誇る有馬温泉の源泉かけ流し「金泉」と、日本屈指のラジウム量を含む「銀泉」が一度に楽しめる施設です。

http://www.arima-onsen.com/

温泉につかった後に桜を見に行く場合は、湯冷めしないよう温かくしてお出かけください。

イベント詳細
名称:太閤花灯路
開催場所:有馬温泉 太閤の湯(兵庫県神戸市北区有馬町池の尻292-2)
ライトアップ期間:2016年4月1日(金)~4月11日(月) 終了予定
開催時間:18:00~23:00
公式サイト:http://www.taikounoyu.com/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ