日本最大級のクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」が今年も開催!

  • 1447 |
  • 最終更新:

2016年5月3日(火・祝)から5月5日(木・祝)まで、東京国際フォーラムと日比谷公園大音楽堂にて、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭2016」が開催されます。2005年から行われている日本最大級のクラシック音楽祭とあって、今年も注目度が高いイベントです。

(c)teamMiura

「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」とは?

1995年にフランスで始まったクラシックの音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」。その人気が世界的に広まり、2005年に日本でも初めて開催されました。それが、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」です。
日本では東京国際フォーラムを会場に、これまでに11回開催。延べ700万人近い来場者が訪れている一大イベントです。クラシックの音楽祭という範囲を超えて、日本を代表する音楽祭になっています。

「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2016」の魅力

毎回テーマを設定し、そのテーマに沿ったプログラムやイベントが開催される「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」ですが、2016年のテーマは「ナチュール - 自然と音楽」です。
舞台となる時代は、ルネサンスから現代までの約500年で、四季、風景、動物、天体、自然現象、夜の神秘などのプログラムに分かれ、音楽を通して自然の中を旅していきます。
音楽や芸術は、常に自然と密接な関係にあり、その偉大な自然にオマージュを捧げるというのが2016年の柱です。

また、今年は、東京国際フォーラムに加えて、日比谷野音(日比谷公園大音楽堂)でも開催されます。日比谷野音とクラシックという、過去にほとんど前例のない組み合わせがどんな音楽を生み出すのか楽しみですね。屋外で聞くクラシックを体感してみてください。

出演アーティスト2,000人以上、コンサート300以上!

3日間のイベントですが、これに出演するアーティストはのべ2,000人以上。コンサートは300件以上開催されます。1公演45分、1,500円からとリーズナブルかつ手軽なので、1日じゅうさまざまなコンサートをはしごして音楽三昧も楽しめます。

(c)teamMiura

また、国内外から著名なアーティストが参加し、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」を盛り上げます。
今回が初参加となるフランスのピアニスト「ピエール=ロラン・エマール」や、電子音楽とのコラボが注目されているヴァイオリニスト「庄司紗矢香」、オーケストラと共演する和太鼓のスペシャリスト「林英哲」など、注目アーティストが目白押しです。

ゴールデンウイークは、音楽に包まれる街に出かけてみてはいかがでしょうか。

スポット詳細

名称:ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2016
所在地:東京国際フォーラム(東京都千代田区丸の内3丁目5番1号)
    日比谷野音(東京都千代田区日比谷公園1-3)
開催期間:2016年5月3日(火・祝)~5月5日(木・祝)
料金:1,500円~
公式サイト:http://www.lfj.jp/lfj_2016/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ