夏の風物詩の可憐な花「蓮」の海を『不忍池』で鑑賞してみてはいかがでしょうか。

  • 206 |
  • 最終更新:

上野動物園に隣接している上野恩賜公園。その公園の中に大きな池があります。「不忍池(しのばずのいけ)」といい、昔の地形から由来しています。不忍池には「弁天堂」がある小さな島、池を3つに分けるようにある遊歩道、分けられた3つの池があります。それぞれの四季によって池全体の雰囲気が変わります。

http://amunok.exblog.jp/

また、2006年に自然繁殖したと思われる産卵中の「ワニガメ」が発見されました。現在はポスターで危険性を訴えていますが、たくさんの動植物が自然繁殖してもおかしくないくらい環境が整った池として一時有名になりました。

不忍池の「3つの池」

一面に蓮が広がる「蓮池」

夏に咲く蓮の花は「夏の風物詩」とされていて、葉の大きさからは想像できないほど可憐な花です。その花が、3つの中で一番大きな池である、「蓮池」全体に咲き乱れます。毎年夏頃に上野恩賜公園でお祭りがあり、その時期が蓮池の見頃とされています。

http://plaza.rakuten.co.jp/

江戸時代の浮世絵に描かれているほどの絶景スポットなので、とてもおススメです。

ボートに乗って優雅に遊べる「ボート池」

アヒル型のスワンボートを始め、全3種類のボートに乗って水の上を楽しむことができます。池の周りに桜の木がたくさんあるので、春になると桜に包まれながらボートで遊ぶことができます。

http://painassistant.at.webry.info/

ボートの種類や時間によりますが、比較的安く遊ぶことができます。ボートに乗ったことのない方や、デートなどにおススメです。料金やボートの種類についてはこちらを参照ください。

たくさんの鳥の住処となっている「鵜の池」

池の一部が上野動物園の園内に位置している「鵜の池」は、たくさんの生き物がいます。魚は、鯉やフナなどの在来魚や外来魚が住んでいます。水面にはカルガモやユリカモメなどが多く住んでおり、都会の中の憩いの場として人気のスポットです。

http://blogs.yahoo.co.jp/

上野動物園に位置している部分には「カワウの島」があり、そこだけ一味違ったカワウの観察ができます。

不忍池にある「弁天堂」

不忍池の真ん中に弁天島という小さな島があります。そこに六角形のお堂「弁天堂」があります。弁天堂には芸術や財産、縁結びのご利益があるといわれています。外観が赤いことや、弁天堂の周りにたくさんユニークな石碑があるため、遠くからでもわかりやすい建物となっています。

http://kirafune.exblog.jp/

上野動物園の「ある」部分から、弁天堂が見えるようになっています。上野動物園に訪れたときは、どこから見ることができるのか探してみてください!

スポット情報

名称:不忍池
住所:東京都台東区上野公園2-1

開園日:毎日開園
開園時間:5:00~23:00

交通案内
JR各線「上野」駅 徒歩10分
京成本線「京成上野」駅 徒歩10分
都営地下鉄大江戸線「湯島」駅 徒歩7分
東京メトロ千代田線「湯島」駅 徒歩7分

※撮影に関して一部制限がございますので、ご注意ください。

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ