世界初!人×音楽×自然が融合する「量子力学的フェス」Quantum、千葉で3月開催!

  • 2201 |
  • 最終更新:

2016年3月12日(土)に、千葉県いすみ市のDOME CAMPにて、世界初の試みとなる、量子力学の世界観を反映した野外音楽フェス「Quantum」が開催されます。参加者全員がヘッドホンをつけて音楽を楽しむ「サイレントディスコ」を仕掛けた「Silent It」が開催するユニークなフェスをご紹介します。

「Quantum」とは

千葉県いすみ市は、満点の星が見られる日本有数の星の名所として知られています。そんな場所で開催される「Quantum」は、現在の消費社会に疑問を投げかけ、テクノロジーと自然が一体化することで、すべての好循環を目指しています。「次世代にも持続可能な音楽フェス」をテーマに掲げ、関節照明やキャンプファイヤーを利用することで電力を最低限におさえています。

130名だけの小さな会場ですが、参加者全員がヘッドホンをして音楽を聴く「サイレントディスコ」の形式を採用。さらにスピーカーからも音楽を流し、同じ空間に複数の音楽空間が創りだされる工夫をして、狭い空間でもフェスを開催することができるようになりました。

「量子力学」の世界観

量子力学の示す世界はとても曖昧で、人、もの、自然、宇宙のすべてが連鎖し合い、循環している可能性を表しています。「同じ空間に同時に音楽を発生させる」ということで生まれる音楽の粒子と波、また「持続可能な音楽フェス」という考え、それらを総合して「量子力学的なフェス」と呼んでいます。

音楽以外のコンテンツも充実

「Quantum」では量子力学的な音楽の波を楽しむだけではなく、様々なイベントを用意しています。参加できるお客さんの数は130名という小規模フェスですが、野外ステージライブに登場するアーティストは「KEIZOmachine!(from HIFANA)」や「音沙汰(from SEBASTIAN X)」、「川村亘平斎(from 滞空時間)」といった豪華なラインナップ。
また量子力学がわかるワークショップも開催します。そのほか、リラクゼーションマッサージや、イベントの舞台となる千葉県産の食材を使ったオーガニックスープも食べられます。

「Quantum」にかける想い

サイレントフェスを手掛ける「Silent it」は、フェスを「希望の旗を立てるようなもの」と形容しています。フェスはすぐに終わってしまうものですが、その儚い時間に希望は詰まっているもの。だからこそ、次世代まで続いていくフェスを目指しています。
煌びやかな贅沢ではなく、自然と調和しながら楽しいひとときを過ごす。量子力学のように、すべてが混ざり合い、一体化する中で優しい気持ちになれる場所になることでしょう。

スポット詳細

名称:Quantum
所在地:千葉県いすみ市岬町中滝2063-6
開催日時:3月12日(土) 12時〜20時 (OPEN 11時30分)
※キャンプインチケットは枚数限定
料金:5,500円~
公式サイト:http://quantum-fes.strikingly.com/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ