横浜市の三溪園で「観梅会」開催。もちつきや猿まわし、毎日無料で麦茶のおもてなしも!

  • 1093 |
  • 最終更新:

神奈川県横浜市の三溪園では、2016年2月13日(土)から3月6日(日)までの期間、毎年恒例の「観梅会」が開催されます。園内にはすでに早咲きの緑咢梅(りょくがくばい)が咲き始めています。特別講演会やチャリティーもちつき、ワークショップなど楽しいイベントも用意されていますよ。家族やお友達同士でお散歩がてら出かけてみませんか。

www.photoyokohama.com

三溪園 観梅会とは?

神奈川県横浜市にある三溪園は、古くから梅の名所として有名です。2月から3月にかけ約600本の紅梅・白梅が花を咲かせます。特に緑萼梅(りょくがくばい)や、臥竜梅(がりょうばい)は必見です。緑萼梅の特徴は花弁の根元にある萼が緑色で、臥竜梅は竜が地を這うような枝振りが珍しく見応えがあります。期間中の土・日曜・祝日には、猿まわしや、お囃子などのイベントが行われます。さらに梅林の近くにある初音茶屋では期間中毎日、麦茶のおもてなしがあります。

例年の梅の見頃は?

緑萼梅は2月上旬から2月中旬で、臥竜梅は2月下旬から3月上旬、白梅は早咲き・中咲き・遅咲きと様々ですが、だいたい2月上旬から3月上旬にかけてです。全体的な見頃は、2月半ばから下旬にかけてで、今年は例年より2・3週間ほど早くなる見込みです。

初音茶屋の麦茶サービス

初音茶屋は、小説家の芥川龍之介やインドの詩人ラビンドラナート・タゴールが訪れた場所です。開園当初から使われてきた古釜を据えて、あたたかなお茶が無料でいただけます。

日程:2016年2月13日(土)~3月6日(日) 期間中毎日
時間:10:00~15:30
会場:初音茶屋
料金:無料(入園料のみ)

梅などの盆栽展

期間中に庭園内で恒例の盆栽展が開催されます。庭園散策とともに盆栽の風趣が楽しめます。

日程:2016年2月14日(日)~21日(日)
時間:9:00~16:00 ※最終日は15:30まで
会場:中央広場
料金:無料(入園料のみ)
共催:横浜三溪園皐月会

チャリティーもちつき

募金に協力するとつきたてのお餅がいただけます。集まった募金は三溪園の維持管理と善意銀行を通じて福祉に役立てられます。

日程:2016年2月14日(日)
時間:11:00頃~13:30頃 ※餅が無くなり次第終了
会場:中央広場
共催:本牧三之谷町内会、三溪園通り商栄会、横浜本牧観光協会

特別講演会「三溪園と杉田梅」

第1部は三溪園の保存と整備に携わってきた川幡留司さんが「三溪園と梅」について語ります。第2部は「杉田梅の歴史と展望」について杉田・梅塾の代表を務める市原由貴子さんのお話が聞けます。

日程:2016年2月18日(木)
時間:14:00~15:40(開場 13:15~)
会場:鶴翔閣
料金:無料(入園料のみ)
定員:100名 ※先着順
講師:市原由貴子(杉田・梅塾)、川幡留司(三溪園)


猿まわし(太郎次郎一門)

トークも秀逸な猿まわしが登場します。

日程:2016年2月20日(土)、21日(日)、27日(土)、28日(日) 時間:10:00~16:30 ※休憩あり
会場:中央広場
料金:無料(入園料のみ)


ワークショップ・紙でつくる香り雛

1日のみのワークショップが開催されます。事前予約は不要ですが先着順です。出来れば早めに足を運びましょう。
日程:2016年2月28日(日)
時間:10:30~15:00
会場:旧矢箆原家住宅(合掌造り)
料金:無料(入園料のみ)
定員:100名 ※先着順

お囃子(横濱本牧囃子連)

横濱本牧囃子連による、お囃子が披露されます。獅子舞も登場し子どもから大人まで10人ほどが法被姿で横笛や太鼓を演奏します。見始めるとくぎ付けになりますよ。

日程:2016年3月6日(日)
時間:11:00~12:00、14:00~15:00
会場:中央広場
料金:無料(入園料のみ)

イベント詳細
名称:三溪園 観梅会
開催場所:三溪園(神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1)
開催期間:2016年2月13日(土)~3月6日(日)
開園時間:9:00~16:30
料金:大人(中学生以上) 500円、小人(小学生) 200円
20名以上の団体:大人(中学生以上) 400円、小人(小学生) 100円
アクセス:JR根岸駅より横浜市営バスで約10分、本牧で下車し徒歩10分
公式サイト:http://www.sankeien.or.jp/event/03.html

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ