予約殺到の鮨屋「鮨早川」の2号店が恵比寿にオープン!これぞモダンジャパーニーズの真骨頂!

  • 2205 |
  • 最終更新:

2016年1月15日(金)、東京・恵比寿に「鮨 ニシツグ」がオープンしました。こちらのお店は、いまや世界中から予約が殺到するお店として知られている「恵比寿 鮨早川」の2号店。日本のみならず海外からも注目されています。

「鮨 ニシツグ」の魅力

「恵比寿 鮨早川」と同じく、恵比寿の地に新たに店を構えることになった「鮨 ニシツグ」。店主を務めるのは、職人歴18年の西胤秀樹氏です。彼は「鮨早川」で活躍していた鮨職人で、今回自分の名前を冠したお店を立ち上げることになりました。

「鮨 ニシツグ」の特徴

「鮨早川」は海外からのゲストが多いことに鑑み、「鮨 ニシツグ」においても、空間からモダンジャパニーズがイメージされています。広い空間ではなく、禅の精神に基づいたカウンター10席のみの小さなお店です。

また、お寿司屋さんといえば明るい空間のイメージですが、「鮨 ニシツグ」はほの暗く、大人雰囲気が漂う店作りになっており、接待やデートにもオススメです。一枚板のカウンターは、まるで滑走路のようなイメージで奥まで一直線に続きます。日本らしい美しさを感じられます。

カウンターの途中には、さらに日本らしさをプラスする五葉松が配されています。そしてカウンターの正面には魔除けをあらわす狐のお面が。室内の全体を黒で統一した高級感溢れる店内は、まさにモダンジャパニーズで、日本人はもちろん海外のゲストにも喜ばれそうです。

「恵比寿 鮨早川」とは

2013年5月にオープンした鮨店で、店主は早川 輝氏。一般的に、高級鮨屋を開業する際には前もって有名店で修業をし、その後独立するルートを辿りますが、彼は独自の感性で恵比寿に店を構えました。鮨屋だけではなく、様々な業種で修業を重ね、伝統を大事にしながら現代的手法を用いた鮨が人気を呼び、看板が無い店構えにもかかわらず連日予約が殺到する人気店になっています。

「鮨 ニシツグ」へのアクセス

恵比寿駅から徒歩1分という好立地にあります。恵比寿1丁目交差点にあるビル「楠ビル」の階段を上り3階へ。看板がないので戸惑うかもしれませんが、扉を開けると大人の空間が待っています。

■スポット詳細

名称:鮨 ニシツグ
所在地:東京都渋谷区東3-25-6 楠ビル 3F
定休日:日曜日
営業時間:18:00~24:00
料金:20,000~30,000円
公式サイト:http://www.sushi-nishitugu.com/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ