下北に新たな遊び場「アジトオブスクラップ下北沢ナゾビル」登場!ビル丸ごと脱出ゲーム!

  • 2254 |
  • 最終更新:

東京・世田谷区に常設型リアル脱出ルームの新店舗「アジトオブスクラップ下北沢ナゾビル」が、2016年3月24日(木)にオープンします。ビルの地下1階から地上6階までを丸ごと改築した、謎まみれのナゾビルの誕生です。音楽や演劇、カフェ、古着、雑貨、美容室と、ごちゃ混ぜのユニークな街、下北沢に更に謎めいた建物が登場します。

アジトオブスクラップ下北沢ナゾビルこけら落し公演

下北に出来るのは正真正銘の「ナゾビル」です。謎に包まれた、謎だらけのストーリーを紡ぎます。こけら落し公演は、リアルタイムループゲーム第一弾「アイドルは100万回死ぬ」で、企画原案・監修は株式会社スパイク・チュンソフトの打越鋼太郎氏です。参加者は繰り返されるタイムループの中にいるアイドルを死から救い出します。

現在、新作も続々と制作されています。地下1階から地上6階までのそれぞれの階を専用の部屋に改装し、複数の謎解き・リアル脱出ゲームが展開されます。リアル脱出ゲームが好きな人はもちろん、まだチャレンジしたことがない人も1度体験するとハマりますよ。

リアル脱出ゲームとは?

脱出ゲームは2004年に発表されたネットの無料ゲーム「クリムゾンルーム」を発端に爆発的に盛り上がりました。これまではゲームの中でしか存在なかった脱出ゲームのフォーマットを、そのまま現実世界に移したのがリアル脱出ゲームです。近年、大人がハマる体験型ゲームとして全国的に人気を博しています。開催場所はマンションの1室や廃校、廃病院のほか、ドームや六本木ヒルズなど様々です。
主なルールは参加者が「密室に閉じ込められた」設定でスタートします。自分と同じ部屋には一緒に閉じ込められた仲間がいます。その仲間と協力しながら部屋に隠されたトリックや暗号を解読し、制限時間内に謎を解いて、その空間から脱出するプログラムです。

全国に点在するリアル脱出ゲームスポット

現在は全国の様々なスポットで、リアル脱出ゲームが開催されていますが、常にゲームが楽しめるアジトオブスクラップの常設店が全国に点在しています。
現在各地で公演しているイベントは、大阪では「マグノリア銀行からの脱出」、福岡では「あるラジオ放送局からの脱出」、京都では「パズルルームからの脱出」、名古屋では「あるアンティークルームからの脱出」など臨場感のあるプログラムばかりです。しかも参加者がより楽しめるように参加人数は10人以下と少人数です。室内すべてが物語の装置になり、より深い物語体験が得られます。仲間と一緒に体感してみませんか。

イベント詳細
名称:アジトオブスクラップ下北沢ナゾビル
住所:東京都世田谷区北沢2-14-14
オープン日:2016年3月24日(木)
公式サイト:http://realdgame.jp/ajito/shimokitazawa/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ