女性の「粧い(よそおい)」をテーマにした展覧会「祝いのよそほい」銀座で開催

  • 916 |
  • 最終更新:

2016年1月15日(金)から2月21日(日)まで、東京・銀座の「ポーラ ミュージアム アネックス」において、『ポーラ文化研究所 40 周年記念展「祝いのよそほい」』が開催されます。女性の「粧い(よそおい)」をテーマにした美の展覧会をご紹介します。

「お歯黒道具一式」江戸後期

「祝いのよそほい」とは? 

「ポーラ研究所」では、1976年の設立から女性の美意識や化粧をテーマに、時代や場所を問わず幅広い研究を行ってきました。2016年に「ポーラ研究所」が40周年を迎えることから、記念展「祝いのよそほい」を開催します。
「キレイになりたい」と願うのは現在の女性たちだけではなく、江戸時代の女性たちも同じでした。そして、その「粧う(よそおう)」という行為は、日本の美しい女性像として脈々と受け継がれてきたものでもあります。「祝いのよそほい」では、新春の展覧会として、女性の美に関する様々な展示物や歴史を4つのテーマを軸に振り返ります。

4つのテーマ

「祝いのよそほい」では、「嫁入り」・「元服」・「晴れ(ハレ)の装い」・「吉祥文様」の4つのテーマを軸に展示を行います。

「嫁入り」

名前の通り、婚礼の儀式です。女性にとって人生の大きな分岐点となる結婚。かつて女性たちは、「嫁入り」の際に婚礼化粧道具を持参していました。「祝いのよそほい」では、江戸後期の円鏡・円鏡箱・鏡台が展示されます。
また、江戸時代では、結婚を機にお歯黒をするのも通例でした。貞女の証とされたお歯黒道具一式も公開されます。

「円鏡、円鏡箱、鏡台」江戸後期

「元服」

結婚の際にお歯黒をすることを半元服といいます。さらに子供が生まれると眉を剃りましたが、これは本元服と呼ばれます。眉の化粧の様子が図解された「化粧眉作口傳」は現代の女性雑誌を思い起こさせます。

『化粧眉作口傳』宝暦12年

「晴れ(ハレ)の装い」

晴れの日といえば、結婚式。その婚礼衣装が展示されます。豪華な打掛は、見ているだけでも晴れ晴れしい気持ちになるもの。女性心をくすぐる展示がなされます。

「白綸子地松竹梅鶴亀模様打掛」幕末~明治

「吉祥文様」

縁起物として好まれた「吉祥文様」は、様々な装飾となって江戸の女性たちを喜ばせていました。江戸時代のおしゃれをよく観察してみましょう。

「紅白梅宝尽くし模様箱迫」江戸末期

スポット詳細

名称:ポーラ文化研究所 40 周年記念展「祝いのよそほい」
所在地:ポーラ ミュージアム アネックス(東京都中央区銀座 1-7-7 ポーラ銀座ビル3階)
定休日:無休
開催期間:2016 年1月15日(金)~ 2月21日(日)
開催時間:11:00~20:00 (入場は 19:30 まで)
料金:無料
公式サイト:http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/

「高砂文字模様柄鏡」江戸後期
「三定例之内婚礼之図」一勇斎国芳 嘉永元年
「松竹梅鶴亀びらびら簪」幕末~明治
「美艶仙女香」渓斎英泉 文政頃

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ