奥深い京文化の魅力を再発見!「京あるきin東京2016」が2月13日から開催

  • 1481 |
  • 最終更新:

2016年2月13日(土)から3月13日(日)まで、東京都内の各所で、「京あるきin東京2016~恋する京都ウィークス~」を開催。京都の観光や物産を紹介するイベントが多数行われ、奥深い京文化の魅力が満喫できます。

「京あるきin東京2016」とは?

四季折々の自然景観や、寺社や京町家などの趣深い町並み、茶道や華道、京舞などの伝統文化が息づく京都。その魅力を守り、大切に未来に引き継ぐ取り組みが「京あるきin東京」です。今年で6回目の開催となり、テーマには「京都創生」が掲げられています。
2016年2月13日(土)から3月13日(日)までの1ヵ月間、京都にゆかりのある185の企業や団体、大学が参加。約1ヶ月間にわたり、東京の様々な場所で、京都の魅力を発信する112の企画を展開し、多彩で奥深い京都の魅力を発信します。

京都の伝統・現在を体験

オープニングイベントでは、舞妓さんの舞が鑑賞できるほか、日本酒の試飲、販売や伝統工芸の披露、京の老舗による京都限定スイーツなどの試食・販売を終日開催します。
また、京都市のアンテナショップ「京都館」では、京友禅の手書染体験、十二単の着付け見学を実施。さらに、舞妓さんを迎えてのイベント、日本酒の試飲販売などを楽しめます。

京町家について考えるトークイベント、ディスカッション

「京都創生連続講座in東京」では、京町家・東京シンポジウム「あなたと生きる京町家」を開催。京都の美しい景観や蓄積されてきた文化について、トークイベントとパネルディスカッションを行います。
加えて、「京町家所有者・活用希望者向けイベントin東京 ~京町家の現状と可能性~」では、京都での居・職・住の現状や、移住者の町家利活用の可能性について、事例を交えて紹介。さらに、京町家に精通した不動産業者による相談会を開催します。

京都の“食”を楽しもう

今回は、日本の素材にこだわったパンブランド「BLUE TREE」を9月に立ち上げた八芳園に、京都の人気のパン屋が集結。京都のパン文化を体感できます。さらに、「BLUE TREE」とのコラボパンを味わえる「京のパン祭り with BLUE TREE」を実施。日本の東西のパンの饗宴が楽しめます。
そのほかにも、銀座ライオンでは、京野菜を使用した様々なメニューが登場する「京野菜フェア」が、小田急百貨店新宿店では、京の老舗の味と巧みの技を紹介、販売する「京の老舗めぐり」が開催。京都の食を満喫できます。

伊藤若冲生誕300年を記念したイベントも開催

各所で、❝奇想の画家❞として知られる伊藤若冲の生誕300年を記念したイベントが開催。2月21日(日)に行われる「カフェコムサ銀座店×伊藤若冲 ~伊藤若冲をスイーツで楽しむ」では、若冲をわかりやすく紹介、初心者も楽しめます。さらに、期間中には、若冲の雪中雄鶏図をイメージし、フルーツと京都の老舗和素材を使用したスペシャルタルトが味わえます。
また、「京都館×中央区民カレッジ 京都講座~京の町衆が生んだ異才の画家 伊藤若冲の世界~」では、京都観光おもてなし大使の塩原直美氏や細見美術館館長の細見良行氏による講座を開催します。

豪華賞品が当たるスタンプラリーも実施!

開催期間中は、イベントや協賛プログラムの会場・店などを巡るスタンプラリーも実施。スタンプを集め、京都館の応募BOX、もしくは郵送で応募した方の中から抽選で京都の名産をプレゼント。さらに、京都のホテルや旅館の宿泊券などが当たるスペシャルコースもあります。

そのほかにも、協賛プログラムとして、東京にある京都関係の店、美術館、企業などが、限定商品の販売や舞台公演など、様々な企画、サービスを展開します。興味がある方は、公式サイトなどでチェックしてください。

イベント詳細

イベント名:京あるきin東京2016~恋する京都ウィークス~
開催期間:2016年2月13日(土)~3月13日(日)
プログラムの開催日時及び場所:各プログラムによる ※事前予約が必要なプログラムもあり
料金:各プログラムによる
公式サイト:http://www.kyoaruki.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ