横浜赤レンガ倉庫でカウントダウン「おしゃれHANABI」開催!1060発の花火は必見

  • 5664 |
  • 最終更新:

横浜・みなとみらいエリアの名所となっている「横浜赤レンガ倉庫」では、2015年12月31日(木)に、新年の幕開けを盛り上げるカウントダウンイベント「おしゃれHANABI 2015~2016 in 赤レンガパーク」が開催されます。横浜の夜空に打ち上がる豪華な花火は必見です。

「おしゃれHANABI 2015~2016 in 赤レンガパーク」とは?

今年で4回目の開催を迎える「横浜赤レンガ倉庫」のカウントダウンイベント「おしゃれHANABI」。
今年は、日本のロックバンド「MONKEY MAJIK」の代表曲「Around The World」に合わせて、大小1,060発の仕掛花火が打ち上げられます。

さらに、年明けと同時にナイアガラの滝の花火演出を行うとともに、日付を印字したキラキラの金と銀のテープが夜空に打ち上げられます。2016年の幕開けを盛大に祝ってみませんか。

「Art Rink in 横浜赤レンガ倉庫」も開催中!

2015年12月5日(土)から2016年2月21日(日)まで、横浜の冬の風物詩であるアイススケートリンク「Art Rink in 横浜赤レンガ倉庫」が開催。今年は、原田しんやさんと関かおりさんによる夫婦イラストユニット「はらぺこめがね」が「氷上のフルーツポンチ」をテーマに、甘酸っぱいフルーツたちを氷上に描き出します。

また、スケート靴のレンタルがありますので、誰でも手ぶらでスケートが楽しめます。さらに、22時まで営業しているのでデートにもぴったりです。大晦日は、「おしゃれHANABI」で盛り上がる前に、スケートデートもおすすめです。

横浜港のシンボル「横浜赤レンガ倉庫」とは?

明治末期から大正初期に国の模範倉庫として建設されたレンガ造りの歴史的建造物「横浜赤レンガ倉庫」。関東大震災による1号倉庫の半壊や第二次世界大戦の空襲、連合国軍による接収など、激動の時代を乗り越えて、1989年に倉庫としての用途は廃止されました。

そして、2002年に約9年間にわたった修復工事が終了し、1号館はホールや展示スペースを備えた文化施設、2号館はレストランやショップなどが揃った商業施設として見事に生まれ変わりました。現在は、海の街・横浜のシンボルとして、地元民だけでなく、多くの観光客に親しまれています。

■イベント詳細

名称:おしゃれHANABI 2015~2016 in 赤レンガパーク
会場:横浜赤レンガ倉庫イベント広場
場所:神奈川県横浜市中区新港1-1
開催日:2015年12月31日(木)~2016年1月1日(金)
開催時間:23:57~24:07の10分間
料金:無料
公式サイト:http://www.yokohama-akarenga.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ