浅草・浅草寺境内で江戸時代から続く「歳の市」開催!羽子板が立ち並ぶ伝統の風景を楽しもう

  • 1661 |
  • 最終更新:

東京・浅草寺の境内で、2015年12月17日(木)、18日(金)、19日(土)の3日間にわたって、年末の浅草の風物詩である「歳の市(納めの観音)羽子板市」が開催されます。羽子板を中心に、羽根や凧など、正月の縁起物を売る露店が立ち並びます。伝統の市で江戸の風情を楽しんでみませんか。

http://www.e-asakusa.jp/

「歳の市(納めの観音)羽子板市」とは?

 年神祭の用具や正月用の飾物、雑貨、衣類、海産物を販売することを目的とした、年末に開かれる「歳の市」。正月用の「歳の市」といえば江戸中期頃までは浅草に限られており、毎年12月17日、18日には様々な店が浅草寺境内に集まりました。一方、江戸時代の浅草寺の縁日は毎月18日。師走の17日、18日は1年最後の縁日として、無事に感謝し新たな年の幸せを願う納めの観音詣での日でもあり、いっそうの賑わいとなりました。

明治以後は、正月用品の仕度も通常の店屋で購入するようになり、「歳の市」の面影は次第に薄れ、現在では、江戸末期から流行り出した「羽子板市」に重点が移り、盛況し続けています。

様々な羽子板が立ち並ぶ!キャラクターものや、変わり種も登場!

当日は仲見世通りを抜けて宝蔵門へ向かう付近から、押絵の入った化粧羽子板を売る店が30軒ほど出店。江戸時代からの定番、歌舞伎の役者絵の羽子板からキャラクターものや、その年の世相を反映した変わり羽子板まで、バライティ豊かな羽子板が並びます。
見上げるような高さのものから手のひらサイズまでサイズも様々。リーズナブルな価格のものも数多く販売されます。また、羽子板の購入者に贈る、縁起の良い三本締めの声が響き渡り、江戸時代さながらの雰囲気が楽しめます。

花やしきでは「歳の市」の開催日限定で入園無料キャンペーンを開催!

「歳の市」の開催期間中、浅草の老舗遊園地・花やしきでは、入園無料キャンペーンを実施。「歳の市」で購入した羽子板を提示した方は、花やしきに入園無料で入場できます。さらに、12月18日(金)、19日(土)は、「よるはな羽子板市」が開催。普段は夕方に閉園する花やしきが、21時まで特別営業します。

■イベント詳細

名称:歳の市(納めの観音)羽子板市
会場:浅草寺境内
場所:東京都台東区浅草2丁目3−1
開催日:2015年12月17日(木)、18日(金)、19日(土)
開催時間:9:00頃~21:00頃まで
公式サイト:http://www.senso-ji.jp/

関連イベント詳細

名称:よるはな羽子板市
会場:浅草花やしき
場所:東京都台東区浅草2-28-1
開催日:2015年12月18日(金)、19日(土)
開催時間:17:00~21:00(最終入園20:30) ※10:00~17:00は通常営業
公式サイト:http://www.hanayashiki.net/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ