神社・伝説・お祭りがフルラッピングされた「秩父三社トレイン」が12月20日より運行!

  • 1230 |
  • 最終更新:

秩父鉄道は、フルラッピング列車の第2弾として、「秩父三社トレイン」を2015年12月20日(日)から運行開始します。列車には、長い歴史をもつ秩父三社の社殿や彫刻、伝説、お祭りなど、格式ある雰囲気が表現されています。運転開始にあたり、秩父駅で出発セレモニーが開催され、セレモニー終了後は臨時急行として走行。当日乗車した人には、特別記念証がプレゼントされます。

秩父三社トレインとは?

使用される車両は、7505号の3両1編成です。列車に描かれている神社は、日本武尊と山犬伝説の残る「宝登山(ほどさん)神社」、秩父夜祭で有名な妙見信仰の「秩父神社」、深い山々に神が住むと言われている「三峯(みつみね)神社」です。この3つの神社が「秩父三社」と呼ばれ、いずれの神社も毎年多くの人々が参拝に訪れています。

また、外装だけでなく車内の天井や壁にもラッピングが施され、彫刻などを解説したポスターも展示。外観だけでなく、乗っても楽しめる列車です。ラッピングされた列車は公式サイトで確認できます。

秩父三社トレイン出発セレモニー

出発セレモニーは、12月20日(日)の13時半頃から開催されます。来賓の挨拶から始まり、秩父三社神官によるお祓いが厳かに行われ、テープカットとくす玉を開花して終了です。臨時急行には普通乗車券のみで乗車できます。特別記念証がもらえるとあり、当日は多くの人出が予想されます。

秩父三社トレイン今後の運行予定は?

長瀞町(ながとろまち)の宝登山ロープウェイで運行する「初日の出観賞便」にあわせて、2016年1月1日(金・祝)に運転が行われます。

三峰口駅まで各駅停車ですが、ここでは主な停車駅の運行スケジュールをご紹介します。
下り電車は、熊谷駅より5時24分に発車、武川駅は5時39分発、寄居駅は5時56分発、長瀞駅に6時12分到着予定です。年初め、約50分の電車旅を楽しんでみませんか。

近年様々な鉄道やバスなどが行っているラッピング企画。秩父鉄道の「秩父三社トレイン」は、他にはない感じのデザインで、初日の出を見に出かけるのにふさわしい電車となっています。

■イベント詳細
名称:フルラッピング列車第二弾「秩父三社トレイン」
開催場所:秩父鉄道 秩父駅ホーム(埼玉県秩父市宮側町)
開催日時:2015年12月20日(日) 13:30頃~
公式サイト:http://www.chichibu-railway.co.jp/blog/news/151202-2/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ