銚子電鉄に「髪毛黒生(かみのけくろはえ)」駅が登場! 昆布でできた切符も発売中!?

  • 1394 |
  • 最終更新:

銚子から犬吠までをつなぐ銚子電鉄の駅名ネーミングライツ募集によって誕生した「髪毛黒生(かみのけくろはえ)駅」。1年間限定で誕生した駅では、その名前とともに、本物の昆布を使って作られた記念切符も販売され話題を呼んでいます。

1年間限定のネーミングライツ

銚子電鉄が募集した駅の愛称についてのネーミングライツ。頭皮用シャンプーやヘアケア製品を販売する「メソケアプラス」が協賛することによって、笠上黒生(かさがみくろはえ)駅が、「髪毛黒生(かみのけくろはえ)」駅と命名されました。もともとの「黒生」という名前が髪の毛を連想させるイメージの名前であったことに注目した「メソケアプラス」の提案によって生まれたこの駅名は、12月1日より1年間限定の愛称として使用されます。

昆布で作った入場券も登場!

髪毛黒生駅の誕生を記念して、12月1日より、本物の昆布を使って作られた入場切符が限定100枚で販売されています。入場券は実際に使用できますが、販売するのは髪毛黒生駅の窓口のみ。駅に下車しないと購入することができません。

ネーミングライツ スペシャルムービーも制作!

ホームページでは、駅の愛称誕生を記念して作られたスペシャルムービー「街子のステキな電車旅」が公開されています。「笠上黒生(かさがみくろはえ)」の地元住民の皆さんも制作に参加した映像では、最後に「髪毛黒生」駅誕生の秘密を知ることもできるとのこと。地元の皆さんの銚子電鉄への思いが詰まった動画です。

ネーミングライツは銚子電鉄7駅に採用!

今回のネーミングライツ募集では、「メソケアプラス」による「髪毛黒生」のほかにも、仲ノ町駅の「パールショップともえ 仲ノ町」、海鹿島(あしかじま)駅の「藤工務所・文芸の里 海鹿島」、西海鹿島駅の「三つ星お米マイスター 根本商店 西海鹿島」、犬吠駅の「One Two Smile OTS 犬吠埼温泉」など、銚子電鉄を応援するさまざまな業者の参加により、銚子電鉄銚子駅から外川間駅までの10駅のうち7駅に新たな愛称が命名されました。正式な駅名はこれまで通り使われますが、駅舎やホームの看板、時刻表、そして車内アナウスなど、さまざまな場所でこの愛称が使用されます。


■イベント詳細
名称: 銚子電鉄ネーミングライツ 髪毛黒生(かみのけくろはえ)駅
所在地:千葉県銚子市笠上町6015 笠上黒生駅
営業期間:2015年12月1日より1年間
料金:入場券 150円
公式サイト:http://www.mesocare.jp/train/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ