三鷹の街路樹がロマンチックに彩られる!「三鷹駅南口商店街街路樹イルミネーション」開催中

  • 1131 |
  • 最終更新:

クリスマスが近づいてくると、いろいろな場所でイルミネーションを目にする機会が増えます。カップルや友人同士、家族で一緒に見ると盛り上がりますが、1人で眺めても幸せな気持ちになれます。東京・三鷹駅南口駅では、今年も恒例の「三鷹駅南口商店街街路樹イルミネーション」が、2015年11月21日(土)から2016年1月10日(日)まで開催されています。約900メートルにわたって真っ直ぐに続く中央通りの街路樹が、美しい光で彩られます。

http://www.city.mitaka.tokyo.jp/

毎年恒例・三鷹駅南口商店街街路樹イルミネーション

「三鷹駅南口商店街街路樹イルミネーション」は、JR三鷹駅南口のバスロータリーと、5つの商店会が毎年行っているイルミネーションです。

バスロータリーにある約12メートルの大ケヤキには、約5,500個の電球がまとわれ、駅を利用する人たちを癒してくれます。中央通りに立ち並ぶ約100本の街路樹にも、きらびやかな灯りが一斉にともります。

駅から連雀通り(れんじゃくどおり)まで、数百メールに渡って伸びる商店街も華やかに彩られ、クリスマスや年末が近づいているのだと実感させられます。なにかと慌ただしくなる師走のひと時を、少しだけ足を立ち止めて、イルミネーションを見ながら癒されてみてはいかがでしょうか。

三鷹駅の北口側でもイルミネーションが楽しめる

三鷹駅の北口ロータリーでも、イルミネーション装飾がされた樹々が輝きを放っています。派手な演出はありませんが、23区で開催されているイルミネーションに比べると、ほのぼのとしていて人も少なく、じっくりと観賞するにはちょっとした穴場です。静かに楽しみたい人や、人ごみを避けたい人にはオススメです。また、こちらは点灯期間が2016年2月2日(火)までと長いのも魅力の1つです。

三鷹駅南口商店街街路樹イルミネーションへのアクセス

【公共交通機関をご利用の場合】
JR三鷹駅南口から徒歩すぐ。

【自家用車をご利用の場合】
中央道調布ICから約20分。

■スポット詳細
名称:三鷹駅南口商店街街路樹イルミネーション
点灯場所:東京都三鷹市 JR三鷹駅南口
点灯期間:2015年11月21日(土)~2016年1月10日(日) 
点灯時間:18:00~24:00
公式サイト:http://kanko.mitaka.ne.jp

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ