レジェンド・山本昌もおすすめ!2月は沖縄にプロ野球のキャンプを見に行こう!

  • 2440 |
  • 最終更新:

プロ野球のシーズンが終わり、ファンにとってはなんだか物足りない季節。早くも来年の開幕を首を長くして待っている…という野球ファンの方も多いのではないでしょうか。そんな中、早くも来年春の沖縄でのキャンプの魅力を伝えるイベント「プロ野球OKINAWA SPRING CAMP 2016カウントダウン」が11月11日(水)に開催されました。asoview!NEWS編集部員が取材してきましたのでレポートします!

レジェンド・山本昌登場!

沖縄は1年を通して温暖な気候のため、シーズンオフのスポーツ選手のトレーニングにも最適な地。1、2月の気温は18度ほどと、関東と比べても10度以上高くなっています。
沖縄キャンプの魅力を語るのは、日本球界初、50歳まで現役を続けて今年惜しまれながら引退した「レジェンド」山本昌さん、お笑い芸人のビビる大木さん、ザブングル松尾さん。

ビビるさんは「巨人ファンではなく巨人軍の一員」と公言するほどの巨人ファン、松尾さんは「愛読書は選手名鑑」で、球界のあらゆる選手に精通しているコアファンです。ちなみにウィキペディアなどには、松尾さんはヤクルトファンと書かれているのですが、「一度も言ったことない。特定のファンというのはもはやなく、プロ野球ファンです」とのこと。どうしてヤクルトファンということになっちゃったんでしょう…。

現役生活32年!山本昌のキャンプの思い出

沖縄キャンプの思い出を聞かれて、まず「プロの選手の中で、僕が一番長く沖縄に住んでいると思います(笑)」と言っていた山本昌さん。32年の現役生活のうち、なんと30年間毎年沖縄にキャンプに行っていたので、その発言も納得です。初めて沖縄に行った1985年には、沖縄にはまだコンビニがなかったのだとか。そして、中日のキャンプ地・北谷のスーパーではドルが使えたそうです。すごい!時を感じます。

キャンプというと練習がきつく、つらく、あまり「キャンプ大好き!」という選手はいないとのことですが、山本昌さんはキャンプは楽しみだったとか。一人になれる時間も多く、練習がきつくてもご飯が美味しく、人が親切で温かいという沖縄を気に入っていたようです。

2015年は16球団がキャンプイン!いろいろなチームを比べるのも楽しみ

ビビるさんと松尾さんは、今年の春のキャンプも一緒に見に行った仲。コアな野球ファンの2人らしく、沖縄にいくといろんな球団のキャンプを見に行くのだそうです。
2015年の春には国内10球団、韓国から6球団の計16チームが沖縄でキャンプを行いました。近くにたくさんのチームが集まっているからこそ、自分のひいき球団だけでなく他の球団の練習も見て違いを比べたり、普段はありえない対戦を見たりと、さまざまな楽しみ方ができます。

2016年の注目球団は?との質問には、山本昌さんは「ドラゴンズと日本ハム」大木さんは「ジャイアンツとホークスまたは日本ハム」松尾さんは「タイガースとライオンズ」と回答。
現役を引退して野球評論家となった山本昌さんは、全12球団のキャンプを見に行こうと考えているようです。もちろん野球ファンの2人もキャンプ見学を計画しているそう。沖縄に行ったらこの3人に会えるかも!?

選手の立場からすると、ファンがたくさん来てくれることによって「よし、やってやろう」と燃えるとのこと。練習にも気合が入り、技術向上にもつながるので、ファンが来てくれることには選手はとても感謝しているそうです。

「ぜひ、いろんなところにまわっていろんなチームを見て欲しいですね」と山本昌さん。ビビるさんと松尾さんはファン目線でのポイントとして、選手との距離が近いことを挙げていました。他にも、野球以外にも沖縄ならではの食、文化など、楽しめることもたくさんあるので、キャンプをきっかけにぜひ沖縄に行ってほしい!と話していました。

キャンプと合わせて楽しもう!2月の沖縄

ビビるさんと松尾さんが行ったという2015年春のキャンプ、実はasoview!NEWS編集部員もちょっとだけ行っていました。あまり時間がない中での訪問でしたが、練習終わりの選手にサインをもらえたり、スタンドに座って沖縄にしかないファストフード、A&Wのハンバーガーを食べながら練習を見たりとキャンプならではの楽しさを満喫。とにかく、選手との距離が近いです!

一緒にいた2人は野球のことはほとんどわからない、という状態でしたが、選手の大きさや間近で見る迫力に「すごい」「面白い」と興味を持っていました。

冬でも海で遊べる!大自然の中でリフレッシュ

2月の沖縄はキャンプ以外にも魅力がいっぱい。スタッフはこの時ロッククライミングやSUP(スタンドアップパドル)を体験しました。ロッククライミングは夏は暑すぎるということもあり、沖縄の冬ならではのアクティビティです。大自然の中、冒険気分で楽しめます。

2月の海は寒いのでは、というイメージがありますが、沖縄なら大丈夫。ウエットスーツも貸してくれるので、寒さを気にせず遊べます。そして透明度の高い海に感激!ボードに立っていても海の中が見えるほど水が澄んでいました。

もちろん、沖縄ならではの美味しいご飯もたくさん!キャンプ地の近くにあるグルメを開拓してみるのもおすすめです。

日本ハムのキャンプ地・名護の名店、「宮里そば」。

らふてーや島らっきょなど、沖縄だからこそ食べたいメニューがいっぱい。

野球選手も沖縄に来ると、オリオンビールと泡盛を飲むそうです!

野球ファンにも、そうでない人にもおすすめの2月の沖縄。今ならホテルや飛行機も安い値段で取れるので、計画を立ててみませんか?

■イベント詳細
名称:プロ野球OKINAWA SPRING CAMP2016
開催場所:沖縄県内各地
開催期間:2016年2月1日~(予定)

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ