動物とのふれあいや防災学習を楽しもう!東京臨海広域防災公園で「ちびっこパーク」開催!

  • 963 |
  • 最終更新:

2015年11月15日(日)に東京臨海広域防災公園の「そなエリア東京」にて、可愛い動物たちに会える「ふれあい動物園」や、かけっこが楽しめる「かけっこ教室」など、子ども達に大人気のコーナーが用意されたイベント「ちびっこパーク」が開催されます。申込不要なので気軽に子どもと一緒にお出かけしましょう。

www.facebook.com

「ちびっこパーク」とは?

ゆりかもめ有明駅から徒歩2分にある東京臨海広域防災公園は、首都直下地震等の大規模災害時に災害現地対策本部などが置かれる首都圏広域防災の拠点です。この東京臨海広域防災公園に建つ防災体験学習施設「そなエリア東京」にて今回開催されるのが、子どものためのイベント「ちびっこパーク」です。

子ども達が楽しめるコンテンツがたくさん用意され、参加費も無料で誰でも気軽に遊ぶことができます。「ちびっこパーク」は毎年開催されているイベントで、内容はその都度変更となりますが、11月15日(日)開催の今回も小さな子どもから小学生までが楽しめる内容となっています。

楽しいイベントが盛りだくさん!

ちびっこパークでは楽しい企画がたくさんあります。

可愛い動物達に会えて触れあえる「ふれあい動物園」、段ボールシェルターを作れる「移動式こども基地」、かけっこのコツを学べる「かけっこ教室」。ほかにも、「親子で遊ぼうコーナー」や「ミサンガ作り」、「ミニスポーツ」、「マイナースポーツ体験」、「チューリップの球根を植えようコーナー」も用意されています。

ふれあい動物園ではえさをあげる方のみえさ代100円がかかりますが、他は全て無料なのも嬉しいところ。どれも子ども達が身体を使ってのびのびと遊べるので、充実した時間を過ごすことができます。

防災も楽しく学べる!

ちびっこパークは子どもが防災について考えるきっかけになるコーナーが用意されているのも特徴です。

火災発生時の煙を疑似体験できるコーナーは12:00~15:00に開催。ほふく前進を学べる「いもむしあるきの術」、枯れ葉を使ったバケツリレー「忍者ばしりの術」、大声で火事や助けてを伝える「大声の術」、災害時に役立ちポーズを学ぶ「動物変身の術」が楽しめる「防災忍者」体験は10:00~15:00の開催です。さらにスペシャル忍法「宝探しの術」も12:00~と15:00~の2回開催されます。

各コーナーのイベントはそれぞれ開催時間が異なるため気を付けましょう。
防災を楽しく学べる「ちびっこパーク」、ぜひ家族で参加してください。

■イベント詳細
名称:ちびっこパーク
所在地:東京臨海広域防災公園 そなエリア東京(東京都江東区有明3-8-35)
営業期間:2015年11月15日(日)※荒天中止
営業時間: 10:00~15:00
料金:基本無料 ※ふれあい動物園一部有料(えさ代100円)
公式サイト:http://www.ktr.mlit.go.jp/showa/tokyorinkai/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ