東京の夜景とプラネタリウの星空がコラボ!六本木ヒルズ展望台「星空のイルミネーション」開催

  • 2355 |
  • 最終更新:

東京・六本木ヒルズ展望台で、2015年11月7日(土)から12月25日(金)まで「星空のイルミネーション」が開催されています。360°星に囲まれる散歩道や星座の向こうに東京の夜景を望むことができる「星空ののぞき窓」などが登場します。

http://www.megastar.jp/

「星空のイルミネーション」とは?

六本木ヒルズ、森ビル52階にある夜景スポットとして人気の「東京シティビュー」では、2015年11月7日(土)から12月25日(金)まで「星空のイルミネーション」が開催されます。同イベントでは、イルミネーションの起源となった輝く星を、プラネタリウムやプロジェクションマッピングなどの最新技術で再現。「東京シティビュー」から一望できる現代のイルミネーション・夜景と、バーチャルな星空が共演します。

2つのプラネタリウムが幻想的な空間を作り出す!

「星空のイルミネーション」では、2つのプラネタリウムが登場。それぞれのプラネタリウムで異なった雰囲気を楽しめます。

「銀河の散歩道」
スーパープラネタリウム「MEGASTAR」を開発した大平貴之氏が手掛けた「銀河の散歩道」では、最新の観測データをもとに約10億個の星空の再現。膨大な星のきらめきが、新開発の自発光方式によって浮かび上がり、星空の中を散歩しているかのよう感覚を楽しめます。

「星空のイルミネーション by MEGASTAR」
天の川の微細な星の光まで投影するプラネタリウム「MEGASTAR」による星空のイルミネーション空間。星座の向こうに夜景が重なる窓「星空の小窓」も登場します。輝く東京の夜景がプラネタリウムと重なる新感覚の空間です。

スマートフォンで夜景に浮かぶ星を操れる「星にタッチパネル劇場」が登場!

さらに、東京の夜景を望める展望台の窓16面がプロジェクションマッピングを映し出す巨大なスクリーンに変わる「星にタッチパネル劇場」も出現します。観客は、窓16面に広がる星たちをスマートフォンを使って操作。自分好みの星空を窓全体に描き出して夜空を独り占めしたり、好きな形の月を出現させたり、その場にいる全員で星座を探せるなど、会場にいる全員で生み出す新感覚の「体験型」プロジェクションマッピングです。

そのほかにも、「スカイデッキ星空観察会」や、星空についての講演会なども企画されています。宇宙をもっと深く知りたい方は、併せてチェックしてみてください。

期間限定で星空をモチーフにしたスイーツ、ノンアルコールカクテルが登場!

2015年6月に森ビル52階にオープンした「Museum Cafe THE SUN」では、イベントに合わせて、星空をモチーフにした「星空メニュー」が登場。満天の星をイメージした「星空パフェ」や、エキゾチックな夜空をモチーフにした「月の向こうのフォンダンショコラ」、冬の夜空に輝くオリオン座を表現した「オリオン座のスイーツ」、爽やかな星空を連想させる「星屑カクテル」など、見た目にも可愛いスイーツやノンアルコールカクテルが提供されます。

■イベント詳細

名称:星空のイルミネーション
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー 
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階 東京シティビュー
期間:2015年11月7日(土)~2015年12月25日(金)
営業時間:
◆52F屋内展望フロア10:00~23:00(最終入館22:30)
 金・土・休前日および12月23日(水・祝)、12月24日(木)は25:00(最終入館24:00)まで 
 ※11月23日は営業時間は~22:00(最終入場21:30)まで
 ※「星にタッチパネル劇場」は日没17:00頃~閉館時間まで 
◆屋上スカイデッキ:11:00~21:00(最終入場20:30)
  ※荒天時にはクローズ
 ※12月14日のみスカイデッキの営業時間は~22:00(最終入場21:30)まで
料金:展望台入場料金 一般1,800円、学生(高校・大学生)1,200円、子供(4歳~中学生)600円、
                                 シニア(65歳以上)1,500円
         プラネタリウムエリアの入場料金:展望台入場料に加え500円(子供は300円)
         スカイデッキ入場料金:展望台入場料に加え500円(子供は300円)
特設サイト:http://www.roppongihills.com/tcv/jp/hoshizora/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ