古美術から現代アートまで!横浜美術館にて「村上隆のスーパーフラット・コレクション」開催

  • 2665 |
  • 最終更新:

日本を代表する現代アーティスト、村上隆の現代美術を中心としたコレクションを初めて大規模に展示する展覧会「村上隆のスーパーフラット・コレクション-蕭白、魯山人からキーファーまで-」が2016年1月30日(土)から4月3日(日)までの期間、横浜美術館で開催されます。村上隆が生み出した芸術概念「スーパーフラット」をもつ、コレクションを楽しみましょう。

スーパーフラットとは?

平面性や装飾性などの造形的な意味に限定されるのではなく、制作された時代やジャンル、既存のヒエラルキーから解放された個々の作品の並列性、それらの枠組みを超えた活動そのものを示します。「芸術とは何か」という作品を生み出す作家の大命題に、様々な角度から挑み続ける活動の全体、人生そのものを包括的に表す広範で動的な概念と捉えられます。

この概念を生み出した村上隆は、1962年東京で生まれ、東京藝術大学にて日本画初の博士号を取得。世界各国で高い評価を受ける現代美術家の一人です。世界を回る活動において、 敗戦後の日本をテーマに、オタクカルチャーや日本が生み出したキャラクターと日本の伝統絵画を接続した「スーパーフラット」という概念が誕生し、現代アートに新しい風を吹き込みました。

スーパーフラットの視点から捉える、アートの世界

村上隆は、アーティストとしての精力的な創作の一方、批評家やキュレーター、ギャラリスト、プロデューサーなどの顔を持ち、多岐にわたって活動しています。近年では国内外のアイテムを蒐集しており、そのコレクションの一部が今回展示されます。

展示品は現代美術を中心に、日本をはじめとするアジアの骨董やヨーロッパアンティーク、現代陶芸や民俗資料にまで及びます。曾我蕭白からホルスト・ヤンセン、ランク・ベンソンやフリードリッヒ・クナスなど、大量の大型展示とジャンルの多様さを誇る作品群を通して、村上隆の美意識の源泉を垣間見ることができます。芸術とそこに潜む欲望、現代社会における芸術の価値や、既存の美術の文脈に問いを投げ掛けてくる、他のコレクション展とは一線を画する内容となります。
 

村上隆の個展が、森美術館で10月31日から開催中

2015年10月31日(土)から2016年3月6日(日)まで、六本木ヒルズ森タワーでは「村上隆の五百羅漢図展」が開催されています。日本で14年ぶりの大規模個展となり、全長100mの巨大絵画と、村上隆の作品が楽しめます。巨大絵画は4面に囲まれた四神(青龍・朱雀・白虎・玄武)の名を冠し、宗教と芸術、人間の死や限界をテーマに制作されています。他にも、江戸時代の五百羅漢図の絵師、長沢芦雪と狩野一信の展示も行われます。

 

■イベント詳細
名称:村上隆のスーパーフラット・コレクション ―蕭白、魯山人からキーファーまで―
所在地:横浜美術館 〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
開催期間:2016年 1月30日(土)~2016年4月3日(日)
営業時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:木曜日 ※2016年2月11日(木・祝)は開館
料金:先行ペアチケット2,000円
          1セット2枚で2,000円、一般のみ
           *販売期間:2015年10月2日(金)~11月30日(月)
           *販売場所:横浜美術館ミュージアムショップ・セブンチケット・ティクシー
        一般 1,500円(前売1,300円)
        大学・高校生 900円(前売800円)
        中学生 400円(前売300円)※小学生以下無料
        65歳以上 1,400円(要証明書、美術館券売所でのみ対応)
          ※前売り券販売期間 2015年12月1日(火)~2016年1月29日(金)
公式サイト:http://yokohama.art.museum/index.html

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ