お仕事体験なら千葉市美浜区の「カンドゥー」へ!公式サイトでチケットを買って財布をゲット!

  • 1251 |
  • 最終更新:

千葉市美浜区にある「イオンモール幕張新都心ファミリモール」内の「カンドゥー」は、遊びを通して、いろんな仕事にチャレンジするテーマパークです。パパやママ、おじいちゃん、おばあちゃんの親子三世代で楽しめます。現在、2015年12月20日(日)までに入場した子供を対象に、オリジナルの財布がプレゼントされています。最近メディアからも注目を集めている「カンドゥー」を紹介します。 

https://www.facebook.com/kandujapan/

子供が仕事を体験できるテーマパーク「カンドゥー」

「カンドゥー」は、お子様が仕事体験をできるテーマパークです。警察官、助産師、パイロット、客室乗務員、アナウンサー、ユニークなものではたこ焼き職人、めがね士(めがねを販売する専門家)など、さまざまな仕事体験ができます。子供だけでなく大人も体験できるため、家族一緒に楽しめます。屋内施設ですから、天候に左右されず快適に過ごせます。

「カンドゥー」と「キッザニア」の違いは?

お仕事体験のテーマパーク「キッザニア」は、知っている、聞いたことがあるという方は多くいらっしゃると思います。2つの施設を比較すると、かなり違いがあります。

カンドゥーとキッザニア3つの違い

まず1番の違いは、体験時間の長さです。「キッザニア」は1つの職業を体験する時間が、20分から30分に対し、「カンドゥー」は、30分から40分くらいとやや長めです。じっくり1つの職業に取り組めますから、職業に対しての理解がより深められます。
2つ目の違いですが、「キッザニア」は、保護者が座って待てる場所がありませんが、「カンドゥー」は、入場した人全員が座れるレストランが中央にあります。仕事体験スペースはそこを囲む造りです。保護者は、ゆっくりとお茶やお食事を楽しみながら過ごせます。
3つ目は、セッションの時間です。「キッザニア」は、6時間と長く、「カンドゥー」は3時間と、保護者も疲れず付き合えます。

キッザニアの創業者とカンドゥーの創業者は学生時代からの友人同士!

ちなみに「キッザニア」の創業者ロペスと、「カンドゥー」の創業者ルイスは、学生時代からの友人だそうです。この2人が「キッザニア」を開発・経営し、世界展開を行ってきました。しばらくして、ルイスが「キッザニア」を離れ、「キッザニア」のコンセプトを変化させ、改善したのが「カンドゥー」です。
お休みはご家族みんなで「カンドゥー」を訪れてみてはいかがですか。

オリジナルデザインのかわいい財布を期間限定でプレゼント!

現在、2015年12月20日(日)までに入場した子供を対象に、オリジナルの財布がプレゼントされるキャンペーンを開催しています。
プレゼントされるオリジナルの財布は、ポリエステル製で、サイズはカンドゥー内で利用できるカードや予約票などの収納に適した大人の手のひらに収まる程度のサイズ。
外側のポケットに「カンドゥー」で使用する市民カードを収納させ、ポケットにインしたまま仕事体験の予約機にタッチします。財布からカードを出し入れせず、簡単に予約ができます。
内側のケースには、仕切りがついていて、仕事体験の予約票と、カッチン(カンドゥーで使えるお金)を別々にしまえます。また財布以外にも、小物入れやペンケースとして使えます。

オリジナル財布のプレゼント対象

財布がもらえるのは、2015年12月20日(日)までの月・金・土・日曜日の第2部(15:00~20:00まで)と、火・水・木曜日に入場された子供たちです。
ただし、イオンモールメンバーズキッズ特典を除く、招待券やその他の特典で入場される方は対象外です。オリジナルの財布は、入場の時に渡されます。中に入ったら早速使えるのが嬉しいですね。

 

イベント詳細
施設名称:カンドゥー
所在地:千葉県千葉市美浜区豊砂1-5 イオンモール幕張新都心ファミリモール3階
利用対象:3~15歳の子どもおよびその保護者
営業時間と料金:
ハイシーズン(土・日・祝日、春・夏・冬休み、カンドゥーが定める日)
第1部  10:00~14:30、第2部  15:30~20:00 
小人(3~15歳)3,900円、大人(16歳以上)2,500円、シニア(55歳以上)1,000円

ローシーズン(ハイシーズン以外の日)
月・金曜日…第1部  10:00~14:30、第2部  15:30~20:00
小人(3~15歳)3,900円、大人(16歳以上)2,500円、シニア(55歳以上)1,000円

火・水・木曜日…10:00~17:00 
小人(3~15歳)3,200円、大人(16歳以上)2,500円、シニア(55歳以上)1,000円
※3歳未満無料
※料金には、食事用金券500円が含まれます。
※平日でもハイシーズン料金・営業時間が適用される場合があります。
※入場チケットは、カンドゥーWEBチケット、コンビニエンスストア(セブン-イレブン、サークルK・サンクス)で事前購入できます。
URL:http://www.kandu.co.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ