今度はミッドタウン前!米・人気ショップ「ブルーボトルコーヒー」が、六本木に新店舗オープン!

  • 3226 |
  • 最終更新:

アメリカ・オークランド発のコーヒーショップ「ブルーボトルコーヒー」が、2016年下期に、六本木の「TRI-SEVEN ROPPONGI(トライセブン ロッポンギ)」にオープンします。日本で店舗をオープンするのは、清澄白河、青山に続いて3店舗目です。忙しいビジネスマンやOLたちの憩いの場が新たに登場します。

bluebottlecoffee.jp

ブルーボトルコーヒー 六本木カフェ(仮)とは?

ブルーボトルコーヒー 六本木カフェ(仮)が誕生するのは、六本木の新しいランドマーク「TRI-SEVEN ROPPONGI」の龍土町美術館通り側です。「TRI-SEVEN ROPPONGI」は、2016年3月下旬にオープンする、商業施設を併設したオフィスビルです。東京ミッドタウンの真向かいに位置し、都会の中にありながらも緑と光があふれる空間です。

六本木にオープンする同店では、清澄白河ロースタリー&カフェで毎日焙煎されたコーヒー豆を使用し、1杯1杯丁寧に淹れられたコーヒーが楽しめます。

近くの国立新美術館や、サントリー美術館、森美術館に出掛けられた際に立ち寄られてはいかがでしょうか。

ブルーボトルコーヒーとは

ブルーボトルコーヒーは、2002年にジェームス・フリーマン氏が、アメリカ・カリフォルニア州で創設したのが始まりです。現在は、サンフランシスコ、ニューヨーク、ロサンゼルス、東京の4都市で22店舗を展開しています。

「おいしさ」を追求し、豆選びには徹底してこだわっています。コーヒーには焙煎してから48時間以内の豆だけを使用。注文を受けてから1杯ずつ、ハンドドリップで丁寧に淹れるのが特徴です。コーヒーの味は、とても香り高く、驚くほど雑味がありません。1度味わったらきっとクセになります。

六本木店がオープンするまで待ちきれない方は、1度既存店に足を運んでみてはいかがでしょうか。

■イベント詳細
名称:ブルーボトルコーヒー 六本木カフェ(仮)
場所:東京都港区六本木 7-7-7 TRI-SEVEN ROPPONGI内
期間:2016年下期
公式サイト:https://bluebottlecoffee.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ