全長約4km!大阪・御堂筋イルミネーションが1月17日まで開催!四季の光を堪能

  • 2129 |
  • 最終更新:

昨年、ライトアップされた街路樹が世界記録に認定された「御堂筋のイルミネーション」。今期は2016年1月17日(日)まで開催され、大阪駅の阪神前交差点から難波西口交差点までの全長約4kmの御堂筋全体が光に包まれます。今年は区間ごとに春夏秋冬を表現した4色のイルミネーションで四季の移り変わりを表現しています。車道側にはツリー型、歩道側には星屑型のイルミネーションが配置され、御堂筋を美しく彩ります。

http://yuyu-kankan.asablo.jp/

春夏秋冬の移ろいを満喫。4エリアで変わる雰囲気

「大阪光の饗宴2015」のコアプログラムとして開催される今回の「御堂筋イルミネーション」のコンセプトは「四季の彩り」。御堂筋を4つの区間に分け、春夏秋冬の4色のイルミネーションで彩ります。昨年ギネス記録を樹立した606本のツリーイルミネーションと、歩道側イルミネーションデザインで、御堂筋の直線を引き立たせています。

「春のエリア」は、阪神前交差点から大江橋北詰交差点までの、梅田・淀屋橋です。カラーはピンクで、「桜」をテーマとして木々に電飾の花が開きます。エリア周辺に桜の名所が多いことから決められ、一足も二足も速い春の到来を感じさせます。「夏のエリア」は、淀屋橋交差点から船場中央3丁目交差点までの、淀屋橋・本町です。カラーは青で「水都」をテーマとし、水都大阪をイメージした清々しいイルミネーションを楽しめます。

「秋のエリア」では船場中央3丁目交差点から新橋交差点までの、本町・心斎橋です。カラーを黄色に、テーマを「銀杏」にしています。御堂筋のシンボルでもある銀杏の木々が、イルミネーションで温かく染め上げていきます。最後の「冬のエリア」は、新橋交差点から難波西口交差点までの、心斎橋・難波です。カラーは白、テーマを「雪」として、金剛山の樹氷をイメージした、寒々しくも美しい光景が広がります。春から冬へと順に巡ったり、冬から春へと巡ってみたりも楽しい、家族やカップルで歩きたいイルミネーションです。

寄り道も楽しもう!店舗のイルミネーションやイベントモニュメントも展示

「御堂筋イルミネーション」は、通りのイルミネーションを楽しむだけでは留まりません。大阪駅前第3ビルや京阪神御堂筋ビル、本町ガーデンシティなど5つの施設で「光のモニュメント」が展示されます。「御堂筋に架かる5つの橋」をテーマに様々な橋のモニュメントが展開されていきます。

モニュメントを探して歩くのも「御堂筋イルミネーション」の楽しみ方です。また、「夏のエリア」付近にある淀屋橋WESTでは、約20万の電飾で彩られた華やかなイルミネーションが満喫でき、「御堂筋イルミネーション」とは異なる美しさを放ちます。

イルミネーションの他には、開催期間中 「OSAKA光の饗宴グルメパスポート(OSAKA光パスポート)」で参加店舗のオリジナルメニューが楽しめるものなどもあり、イルミネーションの楽しみが増えていきます!美しいライトアップの御堂筋を歩きながら冬の思い出を作っていきましょう。

御堂橋イルミネーションへのアクセス

アクセスに、車では大変な混雑が予想されるため、電車などの公共機関の利用をお勧めします。JR大阪駅や北新地駅。JR難波駅、地下鉄・阪急・阪神梅田駅の他、地下鉄西梅田駅・東梅田駅・本町駅・心斎橋駅。地下鉄・京阪淀屋橋駅、京阪大江橋駅、近鉄・阪神大阪難波駅、地下鉄なんば駅、南海難波駅からイルミネーションを見られます。


スポット詳細
名称:御堂筋イルミネーション2015
開催日時:2015年11月29日(日)~2016年1月17日(日)
開催時間:17:00頃~23:00
所在地:大阪府大阪市北区・中央区 御堂筋(阪神前交差点~難波西口交差点)
料金:「光パスポート」前売り1000円・期間中1200円
公式サイト:http://www.pref.osaka.lg.jp/toshimiryoku/illumi/ 
      http://www.hikari-kyoen.com/midosuji/index.html 大阪光の饗宴2015

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ