大阪ミナミ全体が光の街に様変わり!今年も「大阪ミナミ光 マッセ!」開催中!

  • 1059 |
  • 最終更新:

心斎橋から道頓堀、難波へと続く繁華街を様々な光でライトアップしていくイベント「まいどおおきに!大阪ミナミ 光マッセ!」が2015年11月13日(金)から開催されています。なんばパークスをはじめ、商店街や大丸心斎橋店などでイルミネーションが点灯されます。

http://blog.goo.ne.jp/

なんば駅周辺施設が、LED電飾でガラリと変化!

「まいどおおきに!大阪ミナミ 光マッセ!」が、昨年から一層グレードアップして今年も開催!昨年同様心斎橋や道頓堀、難波のそれぞれの施設では、趣向を凝らしたイルミネーションが街を盛り上げます。

華やかな光に包まれて賑わうミナミの街は、訪れた人々の目を楽しませます。ご家族や友人、大切な人と一緒に、冬の繁華街を歩いてみてはいかがでしょうか。また、南海電鉄なんば駅の近くにある、なんばパークスの「光の社」には、前回の「大阪 光の饗宴」で受賞したエリアプログラム「スーパーフラワー」が展示されます。大きなレンゲのように咲いた花を中心に、小さな花びらが踊るように輝きます。足を止めて見てしまうほどの輝きと、色鮮やかに光るライトは見物です。

ショッピングを楽しみながら、イルミネーションを堪能

昨年のイルミネーションの範囲に入っているエリアでは、各店舗ごとにイルミネーションの名称が異なっていました。大丸心斎橋店では「心斎橋ラルーチェ」。 心斎橋筋商店街では「ブリアン・ドゥ・心斎橋 2014」。とんぼりリバーウォークでは「夢をつなぐ光の川」。戎橋筋商店街では「縁起物イルミネーション」など、どれも個性的で、そのエリアに合ったイルミネーションが考えられています。心斎橋から道頓堀川まで11種類のイルミネーションが用意され、歩くだけでも変化を楽しめます。また、難波センター街商店街や髙島屋大阪店などに立ち寄ることもできるため、買い物を楽しみながらイルミネーションを堪能できます。

「大阪ミナミ 光マッセ!」開催地域周辺へのアクセス

「光の社」のあるなんばパークスへは、南海電鉄なんば駅を利用すると、約4分で到着ができます。また、大丸心斎橋店からなんばパークスへは徒歩で約20分。御堂筋線心斎橋駅を利用して約13分。車の場合は、国道25号線とパークス通経由で約6分です。
 

スポット詳細
名称:大阪ミナミ 光マッセ2015
所在地:心斎橋・道頓堀・難波
開催日時:2015年11月13日(金)~2016年2月14日(日)
開催時間:17:00~24:00
開催場所:なんばパークス
公式サイト:http://osaka-chushin.jp/hikarimasse/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ