「小樽洋菓子舗ルタオ」が、そごう千葉店「秋の北海道物産と観光展」に期間限定で出店

  • 1326 |
  • 最終更新:

そごう千葉店で開催する「秋の北海道物産と観光展」に、北海道小樽で大人気の「小樽洋菓子舗ルタオ」が、10月22日(木)から11月3日(木)まで、期間限定ショップを出店しています。定番のケーキから、そごう千葉限定の商品まで、20種類もの人気商品が取り揃えられました。

「小樽洋菓子舗ルタオ」の魅力

「小樽洋菓子舗ルタオ」は、小樽市を中心に北海道内のみに直営店舗を展開する洋菓子店です。開業は1998年。小樽のメルヘン交差点に1店舗目を開店すると、チーズケーキ「ドゥーブルフロマージュ」が大ヒットし、瞬く間にルタオの名前は全国に知れ渡りました。
現在では、日本中のデパート催事場での出店や通信販売などでも大人気の店舗となっています。

大人気商品「ドゥーブルフロマージュ」

ルタオ開店当時、ドゥーブル・フロマージュ(¥1,728税込)はまだ、店舗だけで販売される生ケーキでした。一口含むとまるで雪のようにとろけるその口どけの良さから大人気となり、本州に持ち帰りたいという要望が絶えなかったことから、およそ5年間かけて冷凍技術を開発。物産展や通信販売での販売ができるようになりました。
現在はなんと年間300万個を販売する、北海道を代表する人気商品となりました。もちろんそごう千葉でも販売されます。

そごう・西武限定 「キャンベルショコラ」と、「ルタオサンデー」の実演販売

そごう・西武だけで販売されるキャンベルショコラ(¥2,160税込)は、北海道の余市で作られた葡萄「キャンベル」を使ったケーキです。葡萄の味をさらに引き立てる小樽ワイン「キャンベルアーリー」を加えたキャンベルムースとクーベルチョコを使ったチョコムースを重ねて作られています。

そのほかにも限定ショップでは、特別に用意された「ルタオサンデーキャンベル」の実演販売も行われる予定です。十勝産ジャージーミルクを使ったクリームグラッセにドゥーブルフロマージュ、余市産のキャンベルぶどうソースなどが盛りつけられます。

会場にはその他にも、北海道産の恵比寿かぼちゃで作った「キャラメルポティロン~えびすかぼちゃのプディング~」や、スイーツピッツアという新しい発想でつくられた「ドルチェナポリッツア」など、千葉では初めて販売される商品を含むさまざまなケーキも並べられます。



イベント詳細
名称:そごう千葉店「第43回秋の北海道物産と観光展」
所在地:千葉市中央区新町1000番地 そごう千葉店6階催事場
営業期間:2015年10月22日~2015年11月3日
営業時間:10:00~20:00 最終日11月3日は17:00閉場
公式サイト:http://www.letao.jp/(小樽洋菓子舗ルタオ)

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ