幻の「五島うどん」が味わえる!「上五島のごっつ。フェア2015」東京都内の飲食店で開催

  • 1523 |
  • 最終更新:

2015年10月30日(金)から11月30日(月)まで、東京都内の飲食店21店舗で、長崎県・五島列島の新上五島町の食材を使ったメニューが楽しめる「上五島のごっつ。フェア2015」が開催されます。ごっつとは、長崎県五島列島の方言で、ごちそうという意味です。上五島は漁場に恵まれ魚や貝が、おいしいと知られています。また、日本の三大うどんの1つ「五島うどん」も提供されます。この機会に、「上五島のごっつ。」を味わってみてはいかがでしょうか。

上五島のごっつ。フェア2015とは?

長崎県の西に位置する五島列島の新上五島町で作られている「五島うどん」は、讃岐や稲庭などとあわせて「日本三大うどん」とも称されています。日本のうどんの発祥と呼ばれたり、かつては「幻のうどん」と言われてきたりと、いまだ知られざるうどんという印象が強いのが「五島うどん」です。「上五島のごっつ。フェア2015」では、そんな幻のうどんを東京都内の飲食店で楽しめます。

つるつるっとした、のどごしの「五島うどん」をクローズアップ

「上五島のごっつ。フェア」では、都内21店舗の和食店でランチタイムに2種類の「五島うどん」メニューを味わうことができます。「角煮うどん」と「上五島のだんごっつうどん」(大判すり身揚げうどん)」の2種類で、価格は、それぞれ税込で900円です。
ディナータイムには、10店舗で上五島名物の「地獄炊き」が提供され、プレゼントキャンペーンなどとともに「五島うどん」のPRが実施されます。
「五島うどん」は、かなり細麺ですが、しっかりとコシがあります。それは、伝統の手延べ技と名産の椿油を使用し作っているからです。なめらかな食感で、1度食べたら忘れられない、ヤミツキになるおいしさです。

店舗ごとにいろいろなメニューが楽しめる

「五島うどん」に加えて、上五島から直送される新鮮な魚介の刺身や、魚介たっぷりの鍋が味わえます。また、かんころ餅や水産加工品などの食材を使い、各店が工夫をした約50種のメニューが提供されるので、店舗によっていろいろな料理に変身したり、新たなおいしさが楽しめます。
この機会に「上五島のごっつ。」を心ゆくまで堪能してみてはいかがでしょうか。

伝統の製法から生まれる「五島うどん」

五島うどんのおいしさは、豊かな風土から育まれた上質な素材と、1,000年以上の歴史を誇る伝統の製法から生まれます。いくつもの工程に分かれた丹念な作業を慎重に繰り返し行います。
特に生地の熟成具合を見ながら、手で伸ばしていく作業は重要です。昔ながらの道具を使い、最終的に約1.5mmの細さに伸ばし、ひねりを加えながら微妙な力加減で伸ばすと、細くてもコシが強く切れにくい、なめらかな食感が楽しめるようになります。

■イベント詳細
名称:上五島のごっつ。フェア2015
開催期間:2015年10月30日(金)~11月30日(月)
実施店舗:際コーポレーション運営の都内和食店

日本列島酒場 上五島(渋谷)
黒座暁摟(赤坂)
たつみ屋(秋葉原、浅草)
大吉三(日本橋)
魚吉三(神楽坂)
葱や平吉(芝、池尻大橋、渋谷、自由が丘)
葱屋ひかり(国立)
ひかり屋本店(赤坂)
ヒカリ屋(深川)
ゆるり屋(渋谷)
黒長兵衛(羽田)
まめとら(銀座)
玉乃葉ぐーや(西麻布)
玉乃葉梅軒(二子玉川)
葱屋みらくる(神楽坂)
ばくばく居(渋谷)
ヒカリ(恵比寿)

計21店舗
※実施内容は店舗によって異なります。
公式サイト:http://www.kiwa-group.co.jp/news/news.php?id=58

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ