京都・大阪など2府8県の600施設が入館無料に!「関西文化の日」で芸術の秋を堪能しよう

  • 2146 |
  • 最終更新:

芸術の秋のイベントとして「関西文化の日」が2015年も11月14日(土)、15日(日)を中心に開催されます。美術館、博物館などの文化施設の入館料が無料になる、お得なイベントです。ぜひこの機会に芸術・文化と触れてみてはいかがでしょうか。

「関西文化の日」とは

「関西文化の日」は、関西が誇る豊富な文化資源を気軽に親しんで欲しいとの思いから、2003年にスタートしました。
開始当時の文化庁長官による「日本の社会を文化で元気にしよう」との提言を受け、まず関西から始めようと「関西元気文化圏構想」が発表されました。関西の自治体、経済界、関係事業者、報道機関などの代表者が集まって「関西元気文化圏推進協議会」が発足。これをきっかけとして「関西文化の日」が始まりました。
毎年11月に、イベント趣旨に賛同する関西各地の美術館、博物館、資料館などの文化施設が、入館無料日を設定するのがメインとなっています。個性あふれる関西各地の魅力的な文化の力を結集し、その「文化力」の発動によって、関西から日本全体を元気にすることを主目的としたイベントとなっています。

年々規模を拡大、2015年は2府8県の約600施設が無料に!

年を追うごとにその規模を拡大してきた「関西文化の日」は、2015年は関西の2府8県で約600もの施設が参加を予定しています。
「西の古都」京都、奈良、に元禄文化が花開いた商都・大阪、戦国時代の史跡が残る滋賀、福井に、古来信仰を集めた霊峰の地・三重、和歌山、異国情緒とモダニズムが光る兵庫に加えて、山陰からは鳥取、四国からは徳島も参加します。個性豊かな府県の文化を、お得に堪能できる絶好の機会となっています。

実施日、詳細は施設ごとに設定。情報はHPやパンフレットで

「関西文化の日」における施設入館料の実施日は、毎年11月の第3土曜、日曜を中心に設定されています。施設ごとに実施日や対象展示などの詳細は異なっているので、HPやパンフレットで最新情報を確認してから出かけるのがおすすめです。
また「関西文化の日」の情報を発信しているサイト「関西文化.com」では、参加施設の所在地や電話番号、開館時間や休館日、アクセスなどの基本情報を通年公開しています。それぞれがサイトを持っていない小規模施設の情報を確認するのにも便利なサイトとなっています。

■イベント詳細
名称:関西文化の日
開催場所:関西2府8県の文化施設
開催期間:2015年11月14日(土)~15日(日)の2日間を中心日とした11月中の期日(※通年にわたって入館無料の施設も参加対象)
開催時間:施設によって異なる
公式サイト:http://www.kansaibunka.com/bunkanohi/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ