「全国ふるさとフェア」が10月31日から開催!初出展の沖縄県八重瀬町は絶品スイーツを販売!

  • 303 |
  • 最終更新:

2015年10月31日(土)、11月1日(日)に横浜赤レンガ倉庫で開催される「全国ふるさとフェア2015」。今年も北海道から沖縄までの様々な郷土料理が集合します。また、今年初参加の沖縄県八重瀬町は、地元特産品のカラベジの販売やステージで民俗芸能を披露します。

横浜赤レンガ倉庫で開催される「全国ふるさとフェア」とは?

2004年に初開催された「全国ふるさとフェア」は、「全国の郷土や食文化を広く発信していこう!」をコンセプトに、文明開化さきがけの地“横浜”の名所の一つ「横浜赤レンガ倉庫・イベント広場」で、毎秋開催されています。昨年は3日間で約18万人が来場し、大いに賑わいを見せました。今年も、全国各地から様々なジャンルの名物、名産物が集まり、試食、販売や観光PRが行われます。その他にも、文化放送の公開生放送やアーティストのライブステージが実施されます

初登場!豊かな自然に恵まれた沖縄県八重瀬町とは?

2006年に東風平町(こちんだ)と具志頭村(ぐしかみ)が合併して誕生した沖縄県八重瀬町。町の名前の由来となった八重瀬岳や具志頭海岸に代表される豊かな自然を活かした農業、養豚や酪農が盛んに行われています。また、太平洋という豊かな漁場を有しており海の幸も豊富です。
2015年からは自然・景観・生活文化自然、歴史、景観、文化などに焦点をあてた「八重瀬八景プロジェクト」を進行中。観光に力を入れています。

八重瀬町名物カラベジを使ったスイーツを販売!

2009年から始動した「八重瀬町カラベジプロジェクト」は、八重瀬町で多く生産されている、ピーマン、紅芋、オクラ、マンゴー、ドラゴンフルーツなど色鮮やかな野菜「カラベジ=カラフルベジタブル」を活用して、「特産品づくりから、ブランドづくりへ」をコンセプトに、活動しています。
今回は「カラベジプロジェクト」から、2店舗が出展します。

菊みそ加工所 夢工房
のどかな自然と調和した畑の中にある工房で、みそ造り24年のキャリア誇ります。天然醸造味噌の風味と甘さのバランスが絶妙なシフォンケーキ、カラベジを使用したロールケーキやヘルシーな焼きドーナツを販売します。

パンとケーキのお店デゼレト
八重瀬町東風平の人気洋菓子店。カラベジ商品、オクラのマルボーロや新商品の「カラフルパイ」を販売します。沖縄産の食材を使ったサクサクのパイは、種類も豊富で見た目にもカラフルです。

県外で口にすることはほとんどないカラベジ・スイーツ。この機会にぜひ味わってみてください。

ステージでは地域キャラクター「やえせのシーちゃん」が登場!

そのほかにも、八重瀬町の公式観光キャラクターであるシーサーの精「やえせのシーちゃん」の撮影会やステージショー、八重瀬の民俗芸能なども披露予定。また、八重瀬町ブースの、観光コーナーでは、町内のコンセプトブランドを表した「八重瀬八景」のポスター展示などを行います。

北海道から沖縄まで、全国のご当地グルメが味わえる「全国ふるさとフェア2015」。様々な地域の魅力に触れられる絶好の機会となっています。ぜひ足を運んでみてください。

イベント詳細

名称:全国ふるさとフェア2015
開催場所:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場
住所:横浜市中区新港1-1 横浜赤レンガ倉庫イベント広場
開催日:10月31日(土)、11月1日(日) ※雨天決行
開催時間:10:00~17:30 ※11月1日(日)は17:00まで
料金:大人300円、中学生以下無料(飲食は別料金)
HP:http://www.yokohama-akarenga.jp/(横浜赤レンガ倉庫公式サイト)
       https://www.facebook.com/furusato.fair(全国ふるさとフェアfacebookページ)

八重瀬町詳細
HP:http://www.town.yaese.lg.jp/(八重瀬町公式サイト)
       http://www.town.yaese.lg.jp/yaese_sight/(やえせ観光公式サイト)
       http://www.karabezi.net/(八重瀬町カラベジ公式サイト)

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ