高鷲スノーパークとウルトラマンがコラボ!岐阜「ウルトラ高鷲スノーパーク」が誕生!

  • 1714 |
  • 最終更新:

岐阜県郡上市にある「高鷲スノーパーク」では、今シーズン限定で人気特撮ヒーロー「ウルトラマン」とタイアップしたコラボイベント「ウルトラ高鷲スノーパーク」が開催されます。「ウルトラマン」がゲレンデに出現し、一部のゴンドラがウルトラマン仕様に変身!今季の営業は、2015年12月上旬から2016年4月下旬までの期間が予定されています。

高鷲スノーパークの魅力

「高鷲スノーパーク」は、西日本最大級の広さを誇るスキー場です。初心者から上級者まで楽しめる、複数のコースが用意されているのが特徴です。全長2,700mの15人乗りゴンドラを利用し、麓から山頂まで快適に登れます。ゴンドラのほかにも、リフトが3本備えられています。無料キッズスペースや授乳室もあり、ファミリーで訪れても気兼ねなく利用できます。広々としたレストランや売店、レンタル品が充実しているのも魅力のひとつです。

ウルトラミッションをクリアしてプレゼントをゲット

今シーズンは、前例のない「ウルトラ高鷲スノーパーク」が実現します。スキーやスノーボードと一緒に、ゲレンデ全体で発動されるウルトラミッションを楽しんでみましょう!

ウルトラMISSION1・ウルトラ怪獣を倒せ

ARアプリを取得してゲレンデを周遊し、ゲレンデ内にある5か所のARマーカーポイントで、そこに潜むウルトラ怪獣を倒します。倒すとオリジナルフォトフレームがゲットできます。また、3体倒すと、オリジナル半額リフト券がプレゼントされます。毎月変わるシークレット怪獣をすべてコンプリートすると、さらに特典があります。
公式サイトや館内、ゴンドラ内などにあるQRコードから専用のスマートフォンアプリをダウンロードしてください。ミッションを終えたらオリジナルフォトフレームを活用して、家族や仲間と記念写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

ウルトラMISSION2・プレミアムウルトラゴンドラ

「高鷲スノーパーク」おなじみの全長2,700mのSPゴンドラが、今シーズンは「ウルトラマン」仕様になります。全57機のうち3機が「ウルトラマン」仕様のプレミアムウルトラゴンドラに変身します。3機のみなので、乗れた人は幸運の持ち主かも?

ウルトラMISSION3・ウルトラメニュー

レストランやフードショップには、「ウルトラマン」をイメージした特別メニューが登場します。フードからスイーツまで、志向を凝らしたウルトラメニューがラインナップ。ウルトラマンの世界観を楽しみながら、おいしい料理でお腹を満たしましょう。

ウルトラMISSION4・ウルトラグッズ

売店では、オリジナルコラボTシャツやステッカー、スノーギアなど、今シーズン限定のグッズが販売されます。スタイリッシュなデザインで、ひと目ぼれしてしまいそうな商品が揃っています。

高鷲スノーパークへのアクセス

高鷲スノーパークは、名古屋方面からはもちろん、関西や北陸からもアクセスが便利です。駐車場は、普通車でおよそ3,000台分用意されています。向かわれるときは、「スタッドレスタイヤ」と「チェーン」の装着を忘れないようご注意ください。

【自家用車の場合】
東海北陸自動車道「ひるがの高原スマートIC(ETC専用)」より約15分。
東海北陸自動車道「高鷲IC」より県道45号・国道156号を経由し約15分。

【バスの場合】
高鷲スノーパークへの直通便が、大阪・京都からと、名古屋から毎日運行されています。

■スポット詳細
名称:ウルトラ高鷲スノーパーク
所在地:岐阜県郡上市高鷲町西洞3086-1
営業期間:2015年12月上旬~2016年4月下旬
営業時間(リフト運行時間):平日8:00~16:30、土日祝と年末年始7:30~16:30
料金:いずれも「高鷲スノーパーク」と「ダイナランド」共通
【リフト1日券全日】大人4,900円、子供2,000円
【ハイティーン割(16~18歳)・シニア割(55歳以上)】 土日祝3,900円、平日3,100円
【ファミリー1日券・全日(大人1人+子供1人)】5,500円
【初心者応援チケット1日券・全日(パノラマリフトのみ乗車可)】2,500円
公式サイト:http://www.takasu.gr.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/takasusnowpark?fref=nf

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ