「モンクレール」が国内2店舗目の旗艦店をオープン!「モンクレール 銀座」誕生

  • 4315 |
  • 最終更新:

イタリア・ミラノに本社がある「モンクレール(MONCLER)」が、2015年10月24日(土)に、東京・銀座に国内2店舗目となる旗艦店をオープンしました。ダウンジャケットで有名な、世界中のセレブから愛されるブランドの銀座店をご紹介していきましょう。

http://www.iuscoats.com/


「モンクレール(MONCLER)銀座」とは?

「モンクレール(MONCLER)」の旗艦店が日本に初上陸したのは、2011年のこと。「モンクレール(MONCLER)青山」が1店舗目の旗艦店となっています。

あれから4年、満を持して「モンクレール(MONCLER)」の新たな旗艦店が銀座にオープンします。
新旗艦店となる「モンクレール(MONCLER)銀座」の店舗面積の広さは、「モンクレール(MONCLER)青山」の約2倍にあたる約560㎡を誇ります。店舗は2フロア。メンズとウィメンズのコレクションのほか、様々な系列ブランドのコレクションが取り揃えられます。

建築デザインを手掛けたのは、フランス・パリの建築事務所「ジル&ボワシエ-(Gilles&Boissier)」です。「Gilles&Boissier(ジル&ボワシエ-)」は、「モンクレール(MONCLER)」メゾンのデザインを担当してきており、日本でもその手腕を発揮しました。

「モンクレール(MONCLER)」のコレクション

「モンクレール(MONCLER)」には、メインコレクションのほか、様々な系列ブランドがあります。その中でも注目のコレクションをご紹介します。

モンクレール ガム・ルージュ

2006年に発表された「モンクレール(MONCLER)」の高級ラインです。「ガム ルージュ」とは、フランス語で「赤のライン」という意味になります。
「モンクレール(MONCLER)」といえば、ダウンウェアを想像する方も多いでしょうが、そのブランド概念から離れ、優雅さを出したコレクションです。そのクオリティの高さから、多くのファンをもち、メンズとウィメンズともに商品展開されています。

モンクレール ガム・ブルー

「モンクレール ガム・ルージュ」に対応する形で2008年に誕生した、「モンクレール(MONCLER)」の高級ラインです。「ガム・ブルー」の意味は、もちろんフランス語で「青のライン」。
「モンクレール ガム・ブルー」は、セレブ御用達の最高級のダウンウェアを展開しています。30~80万円の価格帯のものを中心に商品展開されています。

■イベント詳細
店舗名:モンクレール 銀座
所在地:東京都中央区銀座2-4-9
営業時間:11:00-20:00 ※不定休
WEBサイト:http://www.moncler.com/jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ