無料でタピオカミルクティーが飲める「タピオカフェ」 11月9日に1日限定で新宿にオープン!

  • 2045 |
  • 最終更新:

11月9日(月)の「タピオカの日」を記念して、JR新宿駅東口前・新宿ステーションスクエアに「タピオカフェ」が、1日限定でオープンします。もちもち触感のブラックタピオカが入ったミルクティーを無料で楽しめるイベントです。

「タピオカフェ」の魅力

2013年よりブラックタピオカ飲料を販売する安曇野食品工房株式会社が、同社が制定した「タピオカの日」に合わせて開催する「タピオカフェ」。会場となる新宿駅、新宿ステーションスクエアでは、2013年の発売開始の人気商品ともなっている「TAPIOCA TIME(タピオカタイム)ブラックタピオカミルクティー タピオカの日記念パッケージ」が無料で提供されます。
当日はパッケージにも描かれているブランドキャラクター、タピオカの妖精「タピまる」も登場して会場を盛り上げます。

「TAPIOCA TIME ブラックタピオカミルクティー タピオカの日記念パッケージ」

チルドカップ入りの紅茶飲料では人気No.1の商品「TAPIOCA TIMEブラックタピオカミルクティー」。アッサム茶葉を100パーセント使用し、アロマファイン抽出で華やかな香りを引き出したミルクティーに、もちもち触感のブラックタピオカがたっぷり入ったドリンクです。タピオカフェでは、特別にブランドキャラクター「タピまる」の描かれた「タピオカの日記念パッケージ」が用意されます。

「タピオカの日」とは

タピオカの日とは、2002年11月に、当時台湾で大人気だったタピオカミルクティーを、安曇野食品工房が初めて日本でチルドカップ容器を使って販売したことと、タピオカミルクティー発祥の地である台湾で、タピオカミルクティーが「QQドリンク」と呼ばれていたことから、この「11月」と「Q」(キュー)=「9」を組み合わせて「11月9日」が「タピオカの日」に制定されました。
「タピオカフェ」の開催は11月9日「タピオカの日」の11時から18時までですが、無料提供のタピオカミルクティーはなくなり次第終了となりますので、お早目の来場をお勧めします。

イベント詳細
名称:タピオカフェ
所在地:東京都新宿区新宿3-38-1 新宿ステーションスクエア
営業期間:2015年11月9日(月)
営業時間:11:00〜18:00
公式サイト:http://www.azuminofood.jp/B_tapioca/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ