11月1日は泡盛の日!島内全蔵元の泡盛が無料試飲できる、宮古島「泡盛祭り2015」が開催

  • 1139 |
  • 最終更新:

沖縄では11月から泡盛製造の最盛期に入るということで、11月1日(日)「泡盛の日」とされています。これに合わせて、沖縄県宮古市の「島の駅みやこ」では、10月31日(土)と11月1日(日)の2日間にわたって、沖縄・宮古島の泡盛を楽しむイベント「泡盛祭り2015」が開催されます。

今年で2回目!「泡盛祭り2015」

「泡盛祭り」は、宮古島の泡盛と文化を広く知ってもらうために、1989年に制定された「泡盛の日(11月1日)」に合わせて開催される島おこしイベントで、今年で2回目を迎えます。第1回目の昨年も「島の駅みやこ」で開催され、島内外から多くの泡盛ファンが集まり、たいへんな賑わいを見せました。
今年は、宮古島にある全蔵元6社の自慢の泡盛が一堂に集結!島の特産品を使ったおつまみや漁協の魚なども取り揃えられ、主役の泡盛をいっそうおいしく飲んでもらうために、準備万端で訪れる人を迎えます。

飲みすぎ注意!島中の蔵元が無料試飲会・即売会を実施

「泡盛祭り2015」の参加蔵元は、「渡久山酒造」、「宮の華」、「菊之露酒造」、「池間酒造」、「沖之光酒造」、「多良川」の6社です。

地元の泡盛愛好家だけでなく、「飲んでみたい!」という泡盛未体験の観光客の方々に向けて、無料試飲会・即売会が行われます。酒造所ごとに特徴があり、同じメーカーの泡盛でもお酒ごとに味わいが違います。

常温で飲む方がおいしい泡盛や、冷やして飲むのがおすすめの泡盛など、飲み方もさまざまです。泡盛のプロにアドバイスしてもらいながら、自分好みの泡盛を見つけてみませんか?

また、11月1日(日)14:00からは、泡盛の銘柄を当てる「利き酒コーナー」が設置されます。違いがわかる方は、ぜひチャレンジしてみてください。

宮古島にしかない風習「オトーリ」で盛り上がろう

祭りの目玉イベントは、宮古島伝統の「オトーリ口上コンテスト」です。「オトーリ」とは、泡盛を通じたコミュニケーション作法で、酒座の1人が酒盃を片手に口上を述べ、親となってその場の全員に1杯ずつ酒盃を回していくというもの。

「泡盛祭り2015」では、事前に応募した参加者が会場のステージ上で「最近あった幸せな出来事」または「宮古島への熱い想い」をテーマに口上を述べ、その内容が審査されます。

優勝者には「島の駅 みやこ商品券5万円分」が贈呈されます。もちろん、島民以外の参加もOK。スピーチに自身のある泡盛好きな方は、下記からお申込みください。

■日時2015年11月1日(日)17:00~ 
■口上テーマ 「最近あった幸せな出来事」「宮古島への熱い思い」

■イベント詳細
名称:「泡盛祭り2015」
所在地:島の駅 みやこ(沖縄県宮古島市平良字久貝870-1)
開催期間:10月31日(土)、11月1日(日)
開催時間:9:00~19:00
料金:参加無料
公式サイト:http://www.simanoeki.net/ (島の駅みやこ)

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ