生きているミュージアム「NIFREL(ニフレル)」が大阪「EXPOCITY」にオープン!

  • 14661 |
  • 最終更新:

大阪府吹田市、万博記念公園に隣接するEXPOCITYに2015年11月19日(木)、海遊館がプロデュースする新施設「NIFREL(ニフレル)」がオープンします。美術館や動物園、水族館のジャンルを超えて、生き物の自然の魅力を直感的に楽しめる、新感覚の「生きているミュージアム」です。

https://www.facebook.com/

感性を刺激する新たなジャンルのミュージアム

「感性にふれる」をコンセプトに、さまざまな生き物を、照明や音楽、映像などと合わせ、多彩な展示で見せる今までにない新たなジャンルのミュージアム「NIFREL」。運営は大阪天保山にある、日本最大級の水族館「海遊館」です。「海遊館」が25年の水族館運営の経験を生かして、さまざまな生き物たちを、アートを楽しむように見ることができる新施設をつくりあげました。

色鮮やかな模様や不思議なカタチの魚たちや爬虫類、両生類などの水辺の生き物たち、鳥類やほ乳類など、合計150種、およそ200点の生物が、それぞれの暮らす環境に合わせて展示されています。それぞれの展示空間はより直感的に、生き物の動きや性質を感じることができるよう工夫され、大人も子どもも楽しめる新感覚の展示施設となっています。

テーマに即した7つのゾーン

館内は「いろにふれる」「わざにふれる」「すがたにふれる」「みずべにふれる」「うごきにふれる」「つながりにふれる」「WONDER MOMENTS」の7つのテーマにあわせて、7つのゾーンに分けられています。
13台の円形の水槽が並び、色鮮やかな魚達が泳ぐ「いろにふれる」ゾーンや、色を変化させたりする生き物達の「わざ」を見ることができる「わざにふれる」ゾーンをはじめとして、生きもの達の不思議な「すがた」を楽しむことが出来る「すがたにふれる」ゾーンでは、照明や水槽のレイアウトなどが工夫され、より直感的に生き物の生態を感じることができるスペースとなっています。
「みずべにふれる」ゾーンでは大迫力のワニやカバ、トラ達、「うごきにふれる」ゾーンにはペリカンやカピバラを見ることが出来ます。
2面のスクリーンで迫力ある立体的な映像を楽しめるシアターを完備した「つながりにふれる」ゾーンや、直径5mの球体と12台のプロジェクターで神秘的な映像を体験出来る「WONDER MOMENTS」などは、これまでの展示施設の枠におさまらない魅力的な空間を演出しています。

生きているミュージアム「NIFREL」へのアクセス

「NIFREL」は大阪モノレール「万博記念公園駅」より徒歩2分。特に開館直後は混雑が予想されますので、公共交通機関での来場をお勧めします。館内にはオリジナルグッズを販売するショップや、カフェ、フォトサービスコーナなども用意されています。
ショップでは、手でつまんで食べることができる不思議な水、「食べる水」が数量限定で発売されることで話題を呼んでいます。

■スポット詳細
名称:「NIFREL(ニフレル)」
所在地:大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内
オープン日:2015年11月19日(木)
定休日:年中無休※年に1回設備定期点検のための臨時休業があります
営業時間:10:00~20:00(最終入館は19:00)
料金:大人(16歳以上)・高校生1,900円、小・中学生1,000円、幼児(3歳以上)600円
公式サイト:http://www.nifrel.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ